HOME

沖縄に行ったら、暑い夏に欠かせないひえひえキンキンのスイーツ『ぜんざい』に挑戦してみて!

2017/6/6 | 2,930 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

ぜんざいと言えば、小豆を砂糖で煮て、中にお餅や白玉などを入れて食べる甘ーい食べ物ですよね。
温かいのが一般的ですが、夏になると冷やしぜんざいや氷ぜんざいなどを提供している店もあります。

 
 

 
 

今回ご紹介するのは、沖縄のぜんざいです。
沖縄でぜんざいというと、温かいものではなく、かき氷が上に乗っているものが定番です。
温かいぜんざいは「ホットぜんざい」と呼ばれているそうです。

 
 

おいしそう。

 
 

元々、沖縄には「あまがし」と呼ばれる沖縄風のぜんざいがあります。
緑豆、大麦、砂糖・黒砂糖、少量の塩を入れて煮て作っていましたが、現在では金時豆(赤インゲン豆)が使われており、缶詰などで売られています。

 
 

@rieeeee55がシェアした投稿

 
 

本当に氷入りが普通のよう…

 

 

 

 

 

 
 

普通のぜんざいを「内地のぜんざい」と呼ぶほど氷入りのぜんざいが染みついているようです。

 
 

沖縄で有名なお店をご紹介♪

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る