HOME

パンの中に笹団子がまるごと!新潟コシヒカリの米粉を使った「笹だんごパン」が可愛くてもっちもち♡

2017/6/12 | 4,748 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

I have a PAN♪I have a SASADANGO♪…Nnn‼SASADANGOPAN!

 
 

 
 

ということで、
米どころ新潟県の名産品笹だんごと地元コシヒカリの米粉を使ったパン生地の
面白い組み合わせで作られた笹だんごパンは、
メディアにも取り上げられるなど、新名物として知名度が上がってきています。
写真にもありますが、パンの中に笹団子がまるごと入っているんです!

 
 

▼気になっている人も増えている様子▼

 

 
 

笹だんごパンの発祥は?

 

笹だんごパンは、
新潟県上越市にある大正時代に開業の老舗菓子店『小竹製菓』が発祥で、
約7年間の研究を経てようやく納得の商品が完成したそうです。

 
 

▼どうやらサンドパンも有名らしい▼

 
 

▼手のひらサイズで食べやすい▼

 
 

この中に丸々一個笹だんごが入ってるとは思えないくらい、
笹カマのようなペタンとした形で、パン生地はもっちり。
表面には黄な粉がかかっています。

 
 

▼パッケージもカワ(・∀・)イイ!!▼

どいゆみさん(@u3jam)がシェアした投稿

 
 

▼可愛くて捨てるのが勿体ない▼

 
 

笹を持ったパンダが愛らしいほのぼのパッケージ!
女子ウケしそう♡

 
 

笹だんごパンは、どこで買える?

次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る