HOME

神秘的なエメラルドブルーの世界へ。地図に載っておらず、“幻の滝”と呼ばれる「おしらじの滝」

2017/6/9 | 6,315 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

冒険家気分でGO!!エメラルドブルーの滝つぼへ

 

皆さんは普段どんなところに観光や旅行に行かれていますか?
整備されていたり、便利で楽しいスポットや美術館、ガイドブックに載るような有名施設へ出向くことも、とても魅力的かと私は思います。
しかし今回はそんな有名どころではなく、ガイドブックにもほとんど載っていない幻の名所をご紹介します。

 

ご紹介するのは、栃木県にあるおしらじの滝です。

 

eri5199さん(@eri5199)がシェアした投稿

出典 eri5199さん/instagram

 
 

この「おしらじの滝」、地図には載っていないことも多いそうです。
“幻の滝”などと呼ばれています。
(「しらじ」とは、「壺」を意味するそうです。)

 

 

おしらじの滝は、普段は沢の水量がすくないため滝の水が枯れて流れていないことも多いのだそうです。
写真のような景色が見れる方はかなりラッキーです。
ただし、滝つぼの水は枯れることなく常に満たされているそうなので
条件がそろえばエメラルドブルーの景色を堪能できるかと思います。

 
 

どうやって向かうの?

 

所在地は『栃木県矢板市』となります。
おしらじの滝へ向かうには、同じく矢板市にある『山の駅たかはら』から向かうのがスタンダードだそうです。
まずはそこを目印に向かいましょう!

 

◆山の駅たかはら(JR等の駅名ではありませんのでご注意ください。)
軽食も取れますので、散策前の腹ごしらえにもぴったりです♪

 

JUN aktさん(@gorio808)がシェアした投稿

 
 

山の駅についたら滝への行き方が書かれた資料などをGETできるそうです。
その資料を見ながら早速向かいましょう!
始めに、そこから車で10分ほど那須塩原方面へ走ります。
駐車場がありますので、車を止めましょう。
駐車場からは、きちんとした道はありませんが今までに訪れた人が踏んで作った道がありますのでそこを歩いて進んでください。
10分ほど道を進めば、美しい景色があなたを待っています!

 
 

◆季節や光によってさまざまな顔をみせてくれます。

 
 

trump0701さん(@trump0701)がシェアした投稿

 
 

その他の見どころスポットはこちら

次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る