HOME

コンセプトは“キモ可愛い”。アホとボケの楽園を目指す「まぼろし博覧会」が攻めすぎていてカオス

2017/6/12 | 6,836 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

まぼろし?アホとボケの楽園?
なんじゃそりゃ?‥な、まぼろし博覧会について調べてみました!

 
 

これが、まぼろし博覧会

 

静岡県伊東市にあるNEWカルチャーの聖地。
まぼろし博覧会は“キモ可愛いをコンセプトにアホとボケの楽園を目指している”
年中無休の博覧会です。

最近、テレビの人気視聴率番組でも取り上げられ、
若者を中心に話題の観光スポットになっています。

 
 

▼ようこそ、まぼろし博覧会へ▼

 
 

こちらが入口。カラフルなのにポップじゃないあたり‥
一体、何処へ誘われるのでしょうか‥。

 
 

館内はいくつかのゾーンに分かれていて
まずは‥
▼「密林にたたずむ大仏と古代文明」▼

 
 

密林の奥からデカい聖徳太子がコンニチワ。

 
 
そして
▼「昭和の時代を通り抜け」▼

 
 

軽三輪トラック。懐かしのダイハツ・ミゼットなど、まだ親しみやすいと思える展示物もかろうじてあります。

 
 

 
 

懐かしの昭和モンにまじって
ちょいちょい、まぼろし博覧会の個性が出てきました。

 
 

▼魔界神社 祭礼の夕べ▼

ぽいもさん(@cipoimo)がシェアした投稿

 
 

このゾーンの異様な不気味さは群を抜きます。

 
 

▼悪酔い横丁(未確認生物)▼

 
 

めっちゃデカいネコがこわい。
指、立ってます。目むいてます‥

 
 

 
 

ペンギン(の置物)がいるペンギン山。

 
 

入館料は大人1,200円、小中学生600円と歴史展示物の展覧会と、さほど変わらない価格帯。
なかなか強気な価格です。
是非、ご自分の目で1,200円の価値があるか確かめてみてください♪
ちなみに写真撮影自由です。

 
 

セーラちゃんと博覧会

 

こんな変わった博覧会、誰が作ったんやろ?と思いながら
まぼろし博覧会について調べてみると
ある一人の名前が…それは、通称セーラちゃん。

 
 

▼引き締まったボディーの持ち主▼

aさん(@azaki39)がシェアした投稿

 
 

▼季節によって、衣装も変えるんだとか▼

 
 

実はこの方、ただの奇抜なおじさんなだけじゃなく
データハウスという出版社の社長さんなんだそうです。
人は見かけによりません。

運がよければ、セーラちゃんが旗を振ってお迎え&お見送りしている所をみることが出来るかも。
インスタグラムではセーラちゃんと記念撮影している人もいますよ♪

 
 

まぼろし博覧会へ行く際の注意など

次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る