HOME

ニラといえどあなどれない!栃木の『ニラそば』が超シンプルなのにシャキシャキでウマい~!!

2017/6/8 | 4,408 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

栃木県は、全国でもトップクラスのニラの生産量を誇る地域で、作付面積は全国一位。
県民にとっても身近な野菜なのではないでしょうか?

 

今回ご紹介するのは、栃木で昔から食べられてきた『ニラそば』です。
中華そばなどにニラのトッピングがされていそうな名前ですが、その名の通り、蕎麦とニラが合体した大変シンプルな料理なのです。

 
 

 
 

店によって、ざる蕎麦の上に乗せたり混ぜたりしているようですが、その見慣れない姿ゆえにインパクトは抜群。
味はどうなのかといえば、これまた美味なのだそうです。

 
 

 
 

ニラそばは元々、昔から栃木の農家などで食べられていました。
食糧難の時代、蕎麦にニラを入れてボリュームを増やしていたそう。

 
 

 
 

栃木県には日光そばや出流そば、仙波そばなどがあり、全国で6番目に蕎麦の生産量が多い地域です。
不思議な組み合わですが、栃木が誇るおいしい蕎麦と新鮮で美味なニラが合体するのもなんだか頷けます。

 
 

 
 

実際に食べた人のコメント!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る