HOME

7月22日にリニューアルオープンされる『唐津城』。展望室から見える「虹の松原」は一見の価値アリ!

2017/6/16 | 1,929 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

元は豊臣秀吉の家臣であり、秀吉死後、関ヶ原の戦いでは徳川家康率いる東軍側へついた武将、寺沢広高
慶長13年に彼が今の佐賀県唐津市に築城したのが、唐津城です。

 

▼ 満島山の山頂にある「唐津城」

 
 

唐津城は満島山を中心に、鶴が翼を広げた姿に見えるということから「舞鶴城」という名でも親しまれています。
現在改修工事中の唐津城ですが7月22日には工事が終了し、リニューアルオープンする予定です。
そこで、今回はリニューアルオープンの前に唐津城についてご紹介いたします!

 
 

再建された天守

 

寺沢氏によって築城された唐津城ですが、その後、廃藩置県によって廃城となり、解体されました。
今、唐津市にあるのは文化観光施設として再建された模擬天守です。

 

▼ 観光施設としての模擬天守

Okinaさん(@whitebirch113)がシェアした投稿

 
 

模擬天守の他に再建されたのは、堀や門、石垣、復元櫓などです。
二の丸跡には時の太鼓も復元されています。
この時の太鼓は朝の7時から夜の19時まで、1時間ごとに太鼓を打って時間を知らせるからくり時計になっています。

 

▼ 昔は人が太鼓を打っていたそうです

 
 

当時の物が復元され、昔の生活に思いを馳せられるようになっていいですね。

 
 

季節ごとの美しさ

 

唐津城の魅力の一つは、そこで見ることが出来る美しい景色です。
春には桜や藤の花が、秋には紅葉が楽しめます。

 

▼ 唐津城と桜。日本らしい風景です

 
 

▼ 藤の花越しの唐津城も素敵ですね

@h011yh0ckがシェアした投稿

 
 

▼ 紅葉狩りもぜひ唐津城で

 
 

また、唐津城の展望室からは日本三大松原のひとつ、虹の松原が見ることが出来ます。

 

▼ 特別名勝にも選ばれた「虹の松原」

 
 

▼ こちらが唐津城から見える「虹の松原」です

 
 

今年の4月には続日本100名城にも選ばれた唐津城では、色んな風景を見ることが出来るんですね。

 
 

唐津城は5階建て。城内もご案内です!

 

 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る