post27167_ic
2014/12/22 | 2,531 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

地球から宇宙へ「3Dプリンター」を使用して工具を送り込むことに成功!?

地球から宇宙にある宇宙ステーションへ「3Dプリンター」を使用して、宇宙の作業に必要な工具を送り込むことに成功したとNASAが発表しました。

3Dプリンターとは

SONY DSC
3Dプリンターとは、通常の紙に平面的に印刷するプリンターに対して、3DCAD、3DCGデータを元に立体(3次元のオブジェクト)を造形する機器。産業用ロボットの一種。
機種によって多少の違いはあるが、基本的な仕組みは、コンピュータ上で作った3Dデータを設計図として、断面形状を積層していくことで立体物を作成する。液状の樹脂に紫外線などを照射し少しずつ硬化させていくインクジェット方式、熱で融解した樹脂を少しずつ積み重ねていくFDM方式(Fused Deposition Modeling, 熱溶解積層法)、粉末の樹脂に接着剤を吹きつけていく粉末固着方式などの方法がある。

出典 wikipedia

つまり、地球上で宇宙の作業に必要な工具の3Dプリンター用の設計図を作成し、それを宇宙にデータとして送信するだけ、宇宙にある素材で工具を作成することが可能になるということで、NASAによって今回成功したことが発表されたわけですね。

 
では、気になる工程を確認してみましょう。

まずは地球で工具の設計図を作成

post27167_2

出典 medium.com

無重力空間でも使用可能な3Dプリンターを開発している「Made In Space」がCADという技術を使用して設計図を作成します。ちなみに今回作成している工具はソケットレンチだそうです。

 

完成したソケットレンチの設計データをNASA本部に送る

post27167_3

出典 medium.com

 

NASA本部から宇宙ステーションの3Dプリンターへデータを送信

post27167_4

出典 medium.com

ちなみにこの3Dプリンターの名前は、「ZERO-G PRINTER」というそうです。

 

そしてデータを受け取った宇宙にある3Dプリンター「ZERO-G PRINTER」がソケットレンチを出力

post27167_5

出典 medium.com

ほー、3Dプリンターってこんな機械なんですね。

完成したソケットレンチを取り出しているところ

post27167_6

出典 medium.com

果たして中身は、しっかり出来ているのか?

完成!ちゃんとしたソケットレンチが出来てます。すごい!

post27167_ic

出典 medium.com

この技術が、一般的に運用することができるようにあれば、宇宙での作業に必要な機材や工具などを、わざわざロケットを打ち上げて運ぶ必要がなくなりますよね?1つのロケットを打ち上げるにも莫大なお金と、そして時間がかかってしまうのが現状です。それが3Dプリンターで送信することができればそれらのコストと時間が削減できるわけですね。ぜひ今後の発展に期待したいです。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

229388_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る