HOME

猫がたくさんいる神社『梅宮大社』のハナショウブが見頃。広い庭園で綺麗な花と猫を見て癒されよう♪

2017/6/13 | 3,382 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

梅宮大社は、京都府京都市右京区にある神社です。
嵐山などからも近く、旅行の際に是非訪れて頂きたい場所です。

 
 

 
 

今回ご紹介するハナショウブ以外にも梅の名所として有名で、約450本もの梅が植えられています。
他にも、春は桜、ツツジやカキツバタ、アヤメ、秋は紅葉や椿も楽しむことができます。
境内には14匹の飼い猫がおり、参拝者の心をほっこりと癒してくれます。

 
 

escassyさん(@escassy)がシェアした投稿

 

 

 
 

梅宮大社には広い神苑があり、四季の花だけでなく、庭園の美しさも必見です。
ハナショウブが咲き乱れる時期は5月の下旬あたりから。
さまざまな種類の美しい花が涼やかな空間を作り上げます。

 
 

 
 

梅宮大社が建立されたのは奈良時代、今から1200年以上前です。
建造物は京都府登録文化財に登録されているので、建物もじっくり見てみて下さい。
現在でも子授けや安産のご利益があるとも言われ、お酒にまつわる神としても信仰されているそうです。

 
 

 
 

次ページで美しいハナショウブの写真をご覧ください。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る