HOME

暑い夏にぴったり!栃木県佐野市のご当地スイーツ『カンロ』

2017/6/23 | 5,513 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

栃木の隠れた名物!「カンロ」とは?

 

栃木県佐野市のローカルスイーツ「カンロ」は昭和初期に生まれました。
子供達のおやつとしてもんじゃ焼き屋さんや駄菓子屋さんで売られていたそうです。
 
 

 
 
カンロという名前の由来には諸説あり、寒天と露(黒蜜)で「カンロ」だと言われていたり、「おいしい」という意味の方言から来ているとも言われています。

 
 

 
 

佐野市の名物である野菜やラーメンが美味しい理由は、「水」にあります。
名水の町として知られる佐野市だからこそ、その水を生かして作られるカンロが生まれたのでしょう。

 
 

▼佐野ラーメン

fujiko_7さん(@fujiko_7)がシェアした投稿

 
 

寒天と黒蜜のシンプルヘルシーなおやつ

 

カンロは昔ながらの製法で今も手作りで作られています。
大釜に寒天を溶かし、一つずつ容器に入れて冷暗所で冷まして固めます。
黒蜜も厳選された砂糖から作られており、あっさりとした口当たり。
シンプルだからこそ素材の味が生きているのですね。

 
 

▼見た目はオレンジゼリー!?

 
 

 
 

昭和8年創業の老舗和菓子屋「中内商会」が製造していますが、佐野市のスーパーで買うことができます。
ただし10月から6月の季節限定なので注意!

 
 

さて、気になるお味は?

次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る