HOME

一度見たら忘れない大迫力!日本最大級の巨大な獅子頭がどで~んと鎮座する「難波八阪神社」

2017/6/30 | 5,132 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

 
 

知る人ぞ知る!がばっと口を大きく開けた獅子頭が有名

 

近くで見ている人を飲み込みそうなほど、大きく口を開けた獅子頭が強烈なインパクトを放っています。
ここはどこだか分かりますか?
実は、ここは、大阪市浪速区にある難波八阪神社です。

 
 

▼鳥居の左奥にシンボルの獅子頭が見えています♪

 
 

▼参道を右手に進むと本殿が、左手に進むと獅子頭が建っています。

 
 

でも、なぜこんなに大きな獅子頭が造られたのか、非常に気になりますよね。
元々この地は、昔から獅子舞が盛んな地域。
この舞台が出来る以前は、仮設の舞台を造り、獅子舞を奉納していたそうですが、
常設の舞台の話が持ち上がった際に、折角なら日本一大きな獅子頭を造ろうということで、
1974年(昭和49年)にこんなに迫力ある獅子殿が誕生したのです。

 
 

▼高さ12m、奥行き7m、幅7mと日本最大級の大きさを誇る獅子頭。
獅子頭に近づいてみると、改めて睨みをきかせたその迫力に圧倒されます。

 
 

▼舞台も間近で見ることが出来ます。現在でも、神事の際に使われており、夏祭りには獅子舞や民踊などが、お正月には神楽や居合道などが奉納されています♪

 
 

▼獅子殿の天井を彩る手彫りの鳳凰の彫刻は、一つとして同じ模様がないというほどのこだわりぶり。必見です!!

Kiyokoさん(@kiyoko43)がシェアした投稿

 
 

▼この獅子頭は、目がライト、鼻がスピーカーの役目も果たしてくれるという優れもの。見てよし、使って良しの便利な獅子頭なのです!

@mysenxがシェアした投稿

 
 

▼これぞ、本領発揮!!夜になると、目から繰り出される光線が優しく照らしてくれます♪
それにしても、夜になると更に迫力が増しますね。

 
 

大きな口で、邪気を飲み込み、勝運(商運)をもたらしてくれるとも言われている獅子頭。近年では学業向上や入試、就職などの際にご利益にあやかりたいと、全国から多くの方が訪れています。

 
 

▼横から見ると、黄金の牙が目立っています。上下それぞれに8本の歯が。末広がりと縁起が良いですね。

@dkoskがシェアした投稿

 
 

▼歯越しに見る舞台も普段とは違った趣きがあって良いものです。

 
 

次のページでは、難波八阪神社の由緒や神事についてご紹介します!

次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る