HOME

明治時代にタイムスリップ!?明治31年に遊郭として建てられた建物を今も使い続ける「新むつ旅館」が素敵

2017/6/21 | 16,655 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

広々とした客室で、ゆっくりとした時間を過ごす事が出来ます。
今でも畳を利用した宿はたくさんありますが、こんなに歴史を肌で感じられる宿はなかなか無いと思います。

 

ぷじさん(@yoiyoi6no1)がシェアした投稿

 
 

宿泊部屋に着物を置いた演出がされているのも素敵なポイントです。
女将さんの真心こもった部屋作りも楽しんで下さい♪

 

 
 

部屋の隅々まで見ると昔の職人さんの技を見ることも出来ます。
特にこの釘隠しとして付けられた鶴なんか素敵ですよね!

 

ぷじさん(@yoiyoi6no1)がシェアした投稿

 
 

素朴で美味しいご飯も人気です。
心のこもった温かい料理を食べながら、ホッとするひと時を過ごしてみて下さい。

 

 
 

明治時代の遊客帳や資料も見れます

 

なんと明治時代に実際に使われていた遊客帳なんかもそのまま残っています。
この宿のルーツを知りながら泊まってみるとより一層濃い時間を過ごせると思います。

 

ぷじさん(@yoiyoi6no1)がシェアした投稿

 
 

\ 建物のこんな所にも目を向けてみて下さい /

ぷじさん(@yoiyoi6no1)がシェアした投稿

 
 

昔実際に使われていた建物をそのまま使っている「新むつ旅館」はいかがでしたか?
ぜひ目で、心でいろんな事を感じ、安らぎの時間を過ごしてみて下さい。

 
 

公式サイト

 
 

 
 

出典 YouTube

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る