HOME

スリルと絶景を同時に味わえる!秘境の地に佇む日本三奇橋の一つ『祖谷のかずら橋』

2017/6/28 | 5,011 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket


静かな大自然の中で圧倒的な存在感のかずら橋


 

ayamiさん(@aym2551)がシェアした投稿

 
 

祖谷(いや)のかずら橋がかかる徳島県三好市の祖谷地域は日本三大秘境のひとつにも数えられる辺境の地です。
この秘境にかかるかずら橋は ”しらくちかずら” などの葛類のツル植物を使って作られた原始的な作りの吊り橋です。
祖谷のかずら橋は安全のためにワイヤーが入っていますが ”しらくちかずら” が橋をおおって山光水色に溶け込み、とても美しい景色を見せてくれます。
日本三奇橋の一つであり、重要有形民俗文化財にも指定されている祖谷のかずら橋をご紹介します!

 
 


職人の手によって作られた芸術作品


 

 
 

祖谷のかずら橋は、冬の厳しい寒さの中に生えている ”しらくちかずら” を編み連ねて作られています。
日本三奇橋に選ばれている通り、とても珍しい構造をしています。
千年前から受け継がれる ”しらくちかずら” を自由に編んで作られるかずら橋の技術は、自然と共存してきた人たちの歴史も感じることができます。

 
 

 
 


ライトアップでより幻想的な雰囲気に!


 

祖谷のかずら橋は毎日、19:00から21:00までの間ライトアップされています。ライトアップされている時間帯はかずら橋を渡ることはできませんが昼間とは違うかずら橋を楽しむことができます。

 
 

 
 

スリル満点?!

次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る