HOME

おでんサンドに冷やし中華サンド、数十種の昆布締めまである富山の個人経営のコンビニが個性的すぎてスゴイ

2017/6/23 | 8,415 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

富山県の『立山サンダーバード』というお店をご存知ですか?
立山サンダーバードは、立山黒部アルペンルートの入り口のあたりにある家族経営のコンビニエンスストア。
そこに置いてある商品があまりにも個性的すぎて話題になっているようです。

 
 

 
 

商品の個性がものすごい

立山サンダーバードに置いてある商品の中でとくに特徴的なのは、一般的なチェーンのコンビニには決して置いていない手作りのサンドイッチやおにぎりなどの商品です。
例えばこちらのツイートの写真には、『富山ブラックコロッケ』『おでん』『肉まん』『ピザまん』『カレーまん』などが挟まっているサンドイッチが。

 

(手作りの缶バッチの種類も豊富でかわいい)

 
 

ツイートにもあるように、思わず「カオス」と表現してしまうほどのラインナップです。
唯一普通に見える富山ブラックコロッケサンドも、ご当地ラーメンである富山ブラックをイメージして作られたコロッケが挟まっているので、よく考えるとちょっとややこしい商品です。味は確かだとか!

 

※富山ブラックとブラックコロッケについて、詳しくはこちらをどうぞ♪

 
 

こちらがサンドイッチの棚。
かなりの種類があって、価格帯も190円~580円と幅があります。
調理師免許を持つご主人が中心となって生み出しているアイディアサンドは、どれも個性的で新しいものばかり。

 
 

「ネタで買ったのにかなりおいしかった!」という声もあり、味にも確かなこだわりがあるよう。
斬新さを求める人たちにとってはたまらないコンビニです。

 

 
 

チリソースホットドッグ、炭水化物の間に炭水化物を挟む、すごいサンド。

 
 

店内には、サンドイッチやおにぎりの他に世界のたばこ多種多様の昆布締めまで置いてあるとか。
登山客などのためにかなり早い時間から準備をして、朝5時ごろには開店しているそう。
さらに年中無休と、家族経営なのにお客さんに寄り添った経営をされているようです。

 
 

昆布締めがコンビニのレベルじゃない。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る