27496_ic
2015/1/1 | 53,721 PV |

泣ける・感動

出典:wikipedia
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

今年新しい事に挑戦するあなたへ 徒然草がいい事言ってるぞ

皆さま、明けましておめでとうございます!
年明け早々ですが、今年の抱負・目標は決まりましたか?
もしかしたら、これから新しいことに挑戦したり、何か大きい目標に向かっていく方も少なくないんじゃないかと思います。

初日の出

ここ数年、自己啓発本や指南書のような「いいこと書いてる系」の書籍もたくさん出回っていますが、700年程前、まだ日本が鎌倉時代だった頃に活躍していた吉田兼好の「徒然草」が最高にいい事言ってるぞ!と現代語訳になってネット上で話題になってます。

 

 

分かりやすくなって帰ってきた「徒然草(現代語訳バージョン)」

【現代語訳】徒然草 第百五十段

 これから芸事を身につけようとする人は、とかく「ヘタクソなうちは誰にも見せたくない。
こっそり練習して、ある程度見られるようになってから披露するのがカッコいい」と言うものだけど、そういうことを言っている人が最終的にモノになった例はひとつもない。

 まだ未熟でヘタクソな頃から、上手くてベテランな人たちに混ざって、バカにされて笑われて、それでも恥ずかしがらずに頑張っていれば、特別な才能がなくても上達できる。
道を踏み外したり、我流に固執することもないだろう。そのまま練習し続けていれば、そういう態度をバカにしていた人たちを遙かに超えて、達人になっていく。人間的にも成長するし、周囲からの尊敬も得られる。

 いまは「天下に並ぶ者なし」と言われている人でも、最初は笑われ、けなされ、屈辱を味わった。
それでもその人が正しく学び、その道を一歩一歩進み続けてきたおかげで、多くの人がその教えを授かることが出来るようになった。どんな世界でも、同じである。

出典 blog.esuteru.com

 

 

やる気①

たぶん、古典の授業で「徒然草」の現代語訳ってやったはずなんですけどね、なんであの頃もっとちゃんと読まなかったんだろうと昔の自分に喝を入れに行きたくなりました。

 

目標を達成するためには「恥ずかしい」とか「自信がない」と内向的に向き合うよりも、まず実践、何度でも何度でも恥をかくことを厭わずに、前だけ見て立ち向かうことが大切なんだ!と「徒然草」から改めて学びました。これぞ成功へのセオリーとも言えると思います。

 

ただ「昔の人が言ったこと」で済まさず、心に留めて何度でも思い出せると、この内容自体があなたの「お守り」になると思います。

 

皆さん!今年を実りのある1年にしましょうね☆

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post126445_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

post230171_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る