HOME

タイルってこんなに魅力的だったんだ…!岐阜「多治見市モザイクタイルミュージアム」が面白い

2017/7/3 | 3,707 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

「多治見市モザイクタイルミュージアム」はタイルについて学べる博物館です。
ミュージアムのある岐阜県多治見市笠原町は、表面にうわ薬が施されている「施釉磁器」のモザイクタイルが生まれた町で、生産量も全国一。
そんな地域ゆかりのモザイクタイルの魅力を伝え、さらに新しい可能性を模索していこうという目的で建てられました。

 
 

▼不思議なフォルムの建物がお出迎え

kimotoさん(@kimotocat)がシェアした投稿

 
 

@sattataishiがシェアした投稿

 

山のような変わった形の建物は世界的に活躍する建築家、藤森照信氏が設計しました。
タイルの原料は土ですが、その採土場をモチーフにデザイン。
モザイクタイルの魅力と可能性を表現しています。

 
 

美しいモザイクタイルをご紹介!

 

NORIさん(@love_tabi_life)がシェアした投稿

 
 

モザイクタイルは特別なものではなく、ごく普通の建築物に使われてきました。
そのため、建物を壊すときには一緒に壊されて瓦礫の山となってしまいます。
そんな状況を残念に思った地元の有志が、建物の解体現場に赴いてタイルを譲り受けることによって集まったコレクションがモザイクタイルミュージアムに収められています。

 
 

▼1階受付横にはタイルカー!

 
 

▼ミュージアム誕生記念に作られたタイルのカーテン

 
 

@shararaaqnがシェアした投稿

 
 

まだまだあります!

次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る