HOME

【世界最大級のダンスオルガンに感動!】神戸の『六甲オルゴールミュージアム』が予想以上に楽しい!

2017/7/3 | 2,725 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

六甲オルゴールミュージアムは、兵庫県神戸市にあるオルゴールの博物館です。

 

yumikoさん(@feve2017yumi)がシェアした投稿

 
 

展示されているのは、ヨーロッパやアメリカなどのオルゴールなど。19世紀から20世紀はじめ頃の物が集められており、さまざまな種類のものを見ることができます。

 
 

Qさん(@sakaqs)がシェアした投稿

 
 

さまざまな草花を鑑賞できる自然豊かな庭や散策路も魅力の一つ。
イングリッシュガーデンや、ハーブや野菜を育ててあるガーデナーズ・ファームなどもあります。
天気がよければ森林浴を楽しむ事ができます。

 
 

 
 

博物館のメインであるオルゴールのコレクションは、どれも興味深いものばかり。
見た目の珍しさだけでなく、心地よい音色を奏でるそう。
※一部のコレクションの音色は、Rokkosan.com内にある六甲オルゴールミュージアムのホームページの『コンサート』のバナーから入るページで聞くこともできます。

 
 

 
 

世界最大級のダンスオルガン

 

六甲オルゴールミュージアムにある世界最大級のオルガン『ケンぺナー』は、ベルギーのデカップ社製のダンスオルガンです。
作られたのは1938年と、約80年も前。
実際に演奏している映像を見て頂くと分かりますが、一般的にイメージされるオルガンとは全く違う姿です。
からくりの域を超えたスケールにあっけにとられること間違いなしです。

 
 

Moeさん(@atelier_mooe)がシェアした投稿

 
 

演奏できる曲数も多く、かつては生の音楽団の代わりに活躍していたそう。
現在は1人一台スマートフォンの時代でどこでも音楽が聴けますが、当時はそんな便利なものはなかったはずです。人々を感動させ癒す大変貴重な存在だったに違いありません。

 
 

実際の演奏

 

出典 YouTube

 
 

これだけの演奏をこの機械が流しているなんて、とても新鮮な気持ちになりますね。
ちなみに、兵庫からは離れていますが、河口湖オルゴールの森のダンスオルガンは高さ5m、横幅13m。モルティエ社が1920年頃に作ったもので、ケンベナーとはまた違った魅力があります。オルゴールがお好きな方はぜひ両方見に行って下さい。
ミュージアムショップでは、さまざまな種類のオルゴールを購入することもできます。

 
 

実際に行った人の声!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る