HOME

『だんだん』『ぼいしゃげる』なんだかほっこりしてしまう島根の言葉10選

2017/7/4 | 2,590 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

島根県と言えば出雲大社や石見銀山、松江城などが有名です。
古代日本ではかなり発達した文化をもっており、出雲大社の創設は、日本神話の伝承で語られるほどに有名です。
そんな島根県で使われている、他の県にはあまりなじみのない言葉をご紹介します。

 
 

① 「あげだわね」

 

『そうだね』という意味です。
他にも「あげ」「あげな」で『あんな』『あんなに』などの意味があるそう。
使うシーンが多そうですね。

 
 

② 「ばんじまして」

 

夕方にする挨拶だそうです。

 
 

276945_1

出典 flickr

 
 

③ 「だんだん」

 

『ありがとう』という意味です。
同じ島根でも、住む土地によってはあまり馴染みのない言葉だそう。

 
 

④ 「ぼろける」

 

『落ちる』という意味です。

 
 

276945_2

出典 Flickr

 
 

⑤ 「ぼいしゃげる(ぼいちゃげる)」

 

『追いかける』という意味です。

 

「母がぼいちゃげてきた」

 
 

不思議な言葉が多いですね。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る