HOME

ゲームの世界に入りこんだみたい…!まるで“地下神殿”のような『大谷資料館』

2017/7/12 | 7,175 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

映画やドラマ、ゲームの世界に入ってみたいと思ったことはありませんか?
そんな夢を疑似体験させてくれる博物館、栃木県宇都宮市にある「大谷資料館」をご紹介します。

 
 

▼資料館の周りにもかつての採掘場の名残が

 
 

幻想的な巨大地下空間はまるで神殿!?

 

▼冒険の始まりを思わせる階段の先には・・・

 
 

▼巨大な地下空間!まるでギリシャの神殿!?

 
 

masatoさん(@ms_10.oe)がシェアした投稿

 
 

大谷資料館は「大谷石」と呼ばれる宇都宮市特産の凝灰岩の地下採掘場だった空間を保存・展示しています。
「未知なる空間」とあだ名される不思議な空間は広さ2万㎡、深さ30m
1919年から1986年までの約70年間、大谷石が切り出され続けた跡がこの巨大な空間として残っているそうです。
第二次世界大戦中には秘密倉庫や秘密工場、戦後は政府米の保管倉庫として使われるなど、日本の近代史も刻まれています。

 
 

幻想的な写真はまだまだあります

次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る