HOME

お湯の色がグリーンやブルーに変化する不思議な地獄も…!別府地獄巡りの一つ『かまど地獄』

2017/7/11 | 2,353 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

大分県といえば「別府地獄めぐり」。
その中の一つ、今回はかまど地獄をご紹介します♪

 
 

温泉の博物館、かまど地獄

 

Kiwiさん(@kiwikw)がシェアした投稿

 
 

かまど地獄の“かまど”という名前は、古来より、竃門八幡宮(かまどはちまんぐう)の大祭の際に、泉温90℃の噴気で神前に供える御飯を炊いていたそうなのですが、そこからこの名前がついたんです!
かまど地獄は鉄輪温泉エリアにあり、1丁目から6丁目まで様々な温泉があります。
1か所で様々な温泉が見られることから温泉の博物館とも言われています♪

 

今回は厳選して、3丁目、4丁目、その他のコーナーをご紹介します♪

 
 

かまど地獄3丁目

 

ここ、3丁目はコバルトブルーが綺麗な地獄!
なぜこんなに青く見えるのかと言うと、温泉にシリカが含まれているからなんだとか。
お湯の温度は、なんと85℃だそうです…!

 

 
 

かまど地獄4丁目

 

4丁目は80℃の熱泥地獄!
粘り気の強い粘土が溶け出して、このような色になっているんだとか。

 

Alice Liさん(@a4alice)がシェアした投稿

 
 

 
 

他にも楽しいコーナーがたくさん♪

次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る