HOME

この夏は季節の花畑と北海道らしさを満喫できる『ファーム冨田』に行きたい!ラベンダーソフトもオススメ♪

2017/7/12 | 2,424 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

ファーム冨田は、北海道の富良野町にある農園で、広大な敷地の中で季節の花を楽しめることで有名です。
中でもラベンダー畑は、有名な連続テレビドラマ『北の国から』の17話にも登場しています。
季節の花と、オススメの花畑をご紹介します。

 
 

 
 

ファーム冨田で花を楽しめる場所は、温室なども入れて約10箇所以上もあります。
いずれも素晴らしい景色を楽しむことができますが、特に人気が高いのはラベンダー畑ではないでしょうか?
日本一歴史があると言われているトラディショナルラベンダー畑や、上富良野東中地区の日本最大級のラベンダー畑をはじめ、4種のラベンダーが植えられている倖の畑、木々に囲まれた森のラベンダー畑など、青紫色の美しい風景を十分に楽しむ事ができます。
ラベンダー好きならば一度は行きたいですね。

 
 

トラディショナルラベンダー畑

 

jasminumさん(@jasminum_k)がシェアした投稿

 

富良野のラベンダーが日本中に知られるきっかけとも言えるラベンダー畑です。
約50年ほど前に旧国鉄のカレンダーの写真として使われ、現在もその時と同じ場所にあるそう。
少し大変かもしれませんが、畑の上まで登るとファーム冨田と富良野の景色を楽しむことができます。

 

見頃:7月上旬~中旬

 
 

ラベンダーイースト

 

Ken Wooさん(@hinarhin)がシェアした投稿

 

日本最大級のラベンダー畑であり、香料などのためのラベンダーが育てられています。
ファーム冨田から東に4キロほど離れた場所(上富良野東中地区)にあり、有料のラベンダーバスで向かうことができます。
7月上旬から下旬まで、9時から16時半の営業で、それ以外8月から6月は定休日となっています。

 

見頃:7月中旬

 
 

倖の畑

 

 

さきわいの畑と読みます。
ファーム冨田で栽培されているラベンダー4種類とシバザクラ、デイリリーなどが植えられています。

 

見頃:7月上旬~中旬

 
 

森のラベンダー畑

 

緑が生い茂る中に鮮やかなラベンダーの畑が広がります。横には白い幹の白樺の森が広がります。

 

見頃:7月上旬~中旬

 
 

元々富良野ではラベンダー栽培が盛んでしたが、合成香料の技術の進歩や輸入香料の影響で急速に衰退し、今はファーム冨田以外ラベンダー農家がほぼなくなってしまったそうです。
苦境に立たされた富良野のラベンダー畑ですが、ファーム冨田はさまざまな努力を行いラベンダー栽培を続け、ファーム冨田の商品は1990年のフランスの品評会で一位を獲得するなどの高評価を受けています。

 
 

他にも美しい花畑がたくさん!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る