HOME

大自然も歴史もお酒も行楽も!絶対満足するふるさと・延岡市の観光地9選

2017/9/20 | 676 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

 

延岡市は宮崎県の北部にある自然が豊かな街です。そして、観光地も多く、どこか懐かしさを感じ、ふるさとのように素朴な面も見せる延岡市。歴史ある酒蔵や、夜景のきれいな場所、登山やハイキングにうってつけの山、家族そろってアクティブにみんなが楽しめるレジャー施設など、延岡市を思う存分楽しめるの観光地9選をご紹介します。

延岡市へ観光旅行に行かれる際には、ぜひ参考にしてください。

 

1.愛宕山(あたごやま)

 

愛宕山(あたごやま)は延岡市の中心部に位置していることもあり、頂上近くの展望台からは延岡市を360度のパノラマビューを見渡すことができる有名観光地。そして、この景観の良さから宮崎県内で唯一の「日本夜景遺産」に認定されている宮崎県自慢の愛宕山。ここは日中の景色も美しく、よく晴れた日には遠く四国まで見渡せることがあるという観光スポット。

そして、展望台には恋人同士で鳴らす「出逢いの鐘」、南京錠を掛けて愛を誓い合う「錠かけモニュメント」があることからデートスポットとしても県内のカップルに大人気です。延岡市に行ったら行かないと損な観光地です。

【基本情報】
名称:愛宕山(あたごやま)
住所:延岡市延岡愛宕町3丁目
公式・関連URL:http://www.kanko-miyazaki.jp/data/ja/smartphone-index?page-id=9808

 

2.千徳酒造

 

明治36年創業の延岡にある長い歴史の酒蔵「千徳酒造」さん。南国宮崎・延岡市を代表する酒蔵といってもいいほど作り手のこだわりを感じさせます。お酒は水と米が大事といわれますが、それだけではなく麹菌や酵母も大事。そのために24時間体制で温度管理をしているほど。基本を大切に一切の妥協をせず、ふるさと延岡の地酒を造り続けています。
お酒の購入や試飲もできる千徳酒造の「はなかぐら館」は観光の合間に立ち寄れ、休憩しながらおいしい地酒のテイスティングもできますよ。飲み過ぎて観光ができない、なんて事にはならないようにしてくださいね。

【基本情報】
名称:千徳酒造株式会社
住所:〒882-0841 宮崎県延岡市大瀬町2-1-8
公式・関連URL:http://www.sentoku.com/

 

 

3.須美江(すみえ)家族旅行村

 

延岡市で家族そろって楽しめる観光地といえば「須美江(すみえ)家族旅行村」。日豊海岸国定公園の中にあり、海水浴場をはじめ水族館や宿泊施設やテニスコートなどのスポーツ施設、広場、キャンプ場など、延岡市の自然を満喫しながらさまざまなアクティビティが楽しめると人気の観光スポット。

まるでふるさとに帰って来たかのようなアットホームなレジャー施設で、家族そろって観光して延岡市の楽しい休暇を過ごしましょう。

 

【基本情報】
名称:須美江(すみえ)家族旅行村
住所:〒889-0321 宮崎県延岡市須美江町1450-2
公式・関連URL:http://sunbeach-sumie.com/

 

 

4.ヘルストピア延岡

 

ヘルストピア延岡は準天然温泉、温水プール、カルチャー教室、レストランや休憩室などを備えた総合レジャー施設で観光スポットとしても人気です。ここでのメインは何といっても温泉。ミネラルたっぷりのやわらかいお湯につかれば、ほっと一息できるふるさとの優しさが感じられ、心も体も癒されます。スライダーや流れるプールも併設されている温水プールで子供たちは大満足となるでしょう。

館内にある売店は毎朝、延岡綜合卸売市場から野菜や果物を直接仕入れており、季節を先取りした商品がずらりと並んでいます。ふるさと・延岡市の観光レジャーはヘルストピア延岡でどうぞ。

 

【基本情報】
名称:ヘルストピア延岡
住所:〒882-0854 宮崎県延岡市長浜町3丁目1954-2
公式・関連URL:http://www.healthtopia.jp/

 

 

5.延岡植物園

 

延岡市の中心部から約5kmほどのクレアパーク内にある延岡植物園は延岡市の人気観光スポットです。ここは二次林、古墳群、畑作地帯などに囲まれた自然豊かなふるさとを感じさせる場所。敷地面積が8.7haと広い園内には展望台が3か所あり、美しい景色が一望できます。林の中をぬうように延びる遊歩道では自然を体感じながらお散歩を楽しめますよ。そのほかにも芝生広場やアスレチック施設、広場、季節ごとの花が楽しめる花壇や花畑、みかん園、ハナショウブ園などがあります。

苗田では年間20万本もの花苗を生産。そして、併設の「みどりの相談所」では延岡市民に家庭園芸に親しんでもえるように、また植物への知識・関心を持ってもらうように毎月、園芸教室も開催されています。観光の合間の息抜きに豊かな自然を感じてみませんか。

 

【基本情報】
名称:延岡植物園
住所:宮崎県延岡市天下町1235-1
公式・関連URL:http://www.city.nobeoka.miyazaki.jp/kanko/nobeoka/shokubutsuen.html

 

6.延岡城跡・城山公園

 

高橋元種が慶長8年(1603年)に築いた延岡城の城跡。延岡市だけでなく宮崎県を代表する近世城郭で、延岡市の観光地として有名です。本丸、二の丸、三の丸からなります。天守台の跡地には今も「鐘つき堂」があり、現在も鐘守の手により時を告げています。そして、城山には約250本の桜の木があり、春になれば満開の桜の花の下にお花見客や観光客が訪れ、夜になれば灯りがともされ夜桜も楽しむことが出来ます。

城山には桜だけではなく、3,300本を超えるヤブツバキが自生。千葉県いすみ市の伊能滝、島根県松江市の松江城址とともに「日本三大ヤブツバキ群」として毎年美しい花を咲かせています。延岡市のお花見・観光に立ち寄ってみたいスポットです。

 

【基本情報】
名称:延岡城跡・城山公園
住所:〒882-0813 宮崎県延岡市東本小路
公式・関連URL:http://www.city.nobeoka.miyazaki.jp/kanko/nobeoka/shiroyama.html

 

 

7.道の駅「北川はゆま」

 

ユニークなアイデアが受け、最近ではとても人気が出てきている道の駅。そして、延岡市の観桜スポットともいえる道の駅「北川はゆま」は、日向夏やかまっ茶、スイートスプリングなどここでしか食べられない季節限定のソフトクリームが大人気です。

また、物産展・ショップでは延岡市の農水産物やお土産やお酒など、ふるさと・延岡市を代表する特産や名産が盛りだくさん。宮崎県産のバラの花びらのジャムは珍しさと高級感があり、人気のお土産にもなっています。延岡市の観光、お買い物、グルメ探訪には道の駅「北川はゆま」が欠かせませんよ!

 

【基本情報】
名称:道の駅「北川はゆま」
住所:〒889-0102 宮崎県延岡市北川町長井5751-1
公式・関連URL:http://kitagawa-hayuma.jp/

 

 

8.可愛岳(えのたけ)

 

トレッキングやハイキング、山登りが好きな方には、よく知られている延岡市の可愛岳。延岡市内から20分ほどのところに登山口があります。登山道には道しるべや目印となるテープがあり、荒れた道もないため、ご家族での登山にも最適です。また、可愛岳の登山口には、明治10(1877)年に起こった西南戦争の薩摩軍の資料が展示されている南州翁寓居跡資料館もあり、歴史好きな方の観光スポットにもなっています。

頂上近くにある「千丈覗き」では、お天気が良ければ延岡市内が一望できます。そして、山頂からは運が良ければ大分県の由布岳や鶴見岳が見られますよ。大自然、歴史を感じられる可愛岳。延岡観光に行ったら一度は登ってみたいものですね。

 

【基本情報】
名称:可愛岳(えのたけ)
住所:
公式・関連URL:http://www.geocities.jp/mae_miyazaki/tozan/miyazaki_hokubu/enotake/top.html

 

 

9.佐藤焼酎製造場

 

九州といえば焼酎のイメージがありますね。もちろん、延岡市にも他に負けないおいしさの焼酎があります。延岡市にある佐藤焼酎製造場さんの焼酎蔵は豊かな自然の中に佇み、まるでミュージアムのような外観です。こだわりの材料や水を使った焼酎は毎日、丹精込めて職人さんによりつくられています。麦焼酎、芋焼酎、米焼酎、そして、栗を使った栗焼酎もあり、どれもラベルやボトルにもこだわった秀逸の品ばかり。

焼酎蔵の見学は予約制となりますが、仕込みの様子を見ることができ、お気に入りの焼酎の購入もできます。延岡観光の際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

【基本情報】
名称:佐藤焼酎製造場
住所:〒882-0082 宮崎県延岡市祝子町2388番地1
公式・関連URL:http://www.sss-sato.jp/

 

 

◎まとめ

いかがでしたでしょうか。宮崎県北部にある延岡市の観光地9選でした。延岡市は温暖で過ごしやすく、そして海も山もあり、自然に恵まれています。その自然を生かしたレジャー、アクティビティが盛んです。また、観光だけでなく、美しい夜景や風景を楽しめる場所も多く、癒しの時間も過ごせます。延岡市の観光で、ぜひ自然と戯れてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る