HOME

審美?矯正?デンタルインプラント?なじみがない歯に関わる治療をまとめてみた

2017/1/1 | 510 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

審美歯科って何?

審美歯科とは、歯のホワイトにングや歯並びの矯正などの治療により、美しい口元を作ることを目的として歯科治療になります。

審美歯科[wiki]

歯には機能的な側面と、審美的な側面があり、ともに健康に関しては重要な要素である。しかしながら、健康保険制度での治療は機能的な歯科治療に偏重しがちであり、審美歯科的な治療を行うには限界がある。
元々、美容整形外科に美容歯科はありますが、審美歯科は運悪く歯並びが悪く生まれてしまった人の口元の印象を改善する目的のもので美容整形とは異なります。
日本歯科審美学会では歯科審美学を次のように定義している。「歯科審美学とは、顎口腔における形態美・色彩美・機能美の調和を図り、人々の幸福に貢献する歯科医療のための教育および学習に関する学問体系である。」
審美歯科の具体的内容は、歯列矯正、ホワイトニング、オールセラミック、ラミネートベニア、ダイレクトボンディング、ポーセレンインレー、カンタリング(審美的輪郭形成)、その他特殊材質による人工歯などがある。

出典:wikipedia.org

おススメのサイト

サイト名:審美歯科ネット
URL:http://www.shinbi-shika.net/
 
 

矯正歯科って何?

矯正歯科とは、簡単にいうと咬み合わせ異常や顎の変形などの治療する歯科治療になります。

矯正歯科[wiki]

ワイヤーなどによる矯正力により歯を正常な位置に移動させ、あるいは上顎骨、下顎骨の形態変化を起こすことで、審美性や顎口腔機能の回復やその予防を目的とする。不正咬合は多くの疾患や機能障害の原因となり、これを取り除く矯正歯科の役割は大きい。 日本では、一般の矯正治療には保険が適用されないが、外科手術を必要とする症例には保険適用がある。
日本では、審美目的の矯正などでは保険が適用されないため、大体60万から120万円の費用が必要となる。アメリカ合衆国では個人の医療保険がありニュージーランド、イギリスなどでは学生(10歳―18歳)は不正咬合の難易度によって無料で、軽度の不正咬合には開業医(専門医)で治療を受ける必要がある。困難な不正咬合での無料の治療には待ち時間が1-2年あるため、開業医で治療を受けることが多い。治療には一期治療(若年者)と二期治療(若年成人)があり、14-15歳時に二期治療をすることが治療期間の短縮、費用の軽減につながり、医療機関でも推薦されている。

出典:wikipedia.org

おススメのサイト

サイト名:矯正歯科ネット
URL:http://www.kyousei-shika.net/
 
 

デンタルインプラントって何?

デンタルインプラントとは、虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった際に、チタン製またはチタン合金製の支柱を顎の骨に埋め込み、それを土台として歯を修復する治療をデンタルインプラント治療といいます。

矯正歯科[wiki]

一般的な治療の流れは、インプラントを骨の中に埋め込み、インプラントと骨が十分に接着するのを待ってから、その上部に歯を作成する。インプラントと骨が接着する過程を骨結合とよび、通常は、2-6か月を要する。インプラントを埋め込む前に骨を増やす手術などが必要な場合には、1年以上待つこともある。
外科手術が必要であり、事故や合併症のリスクがあることが報道でも取り上げられ、インプラント治療の安全性の確保に対する意識が高まっている。インプラント治療の成功の鍵を握る一つの重要な条件は、インプラントと骨が十分に接着し、インプラントがあごの骨の中で動揺することなく安定することであるが、その安定が得られず失敗に終わることも相当数ある。

出典:wikipedia.org

おススメのサイト

サイト名:インプラントネット
URL:http://www.implant.ac/
 
 

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る