post30024_ic2
2015/1/16 | 3,855 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

冷え性対策で暖房に頼りすぎるのは危険!?その衝撃の理由と対策をチェックしよう!

この寒ーい季節、冷え性に悩まされて夜も眠れない人も少なくないのではないでしょうか?この時期はついつい、寒いし、脚は冷えちゃうし、暖房器具をフルに使ってなんとか暖めようとしてしまいますよね。しかし、実は暖房に頼った冷え性対策は危険って知ってました?余計に冷え性を悪化させてしまう恐れがあるようです。

 

暖房に頼りすぎると自律神経が疲弊し、冷え性が悪化する!?

post30024_1

出典 www.okagas.co.jp

最近では、家にもオフィスにも、冷暖房が普及しています。その為、真夏や真冬は、外気と室内に激しい温度差があります。
こうした環境の中を出入りして急激な温度差にさらされ続けると、体温調整を行っている自律神経が疲弊したり混乱し、機能が乱れます。
自律神経の機能が乱れると、皮膚から脳に「冷たいや寒い」などの情報がうまく伝えられなくなり、体温調節がうまくできなくなります。
また、暖房がきいていれば、自律神経を働かせ身体を温める必要がありません。使わない機能はどんどんと衰えていきます。
そうならない為にも、冷暖房の使用は、極力控える事をおススメします。

出典 minpon.jp

では、具体的に冷え性対策はどのようにすればいいのでしょうか。3つの冷え性対策をご紹介します。

 

① 定番だけど、使い方が大事なホッカイロや湯たんぽ

post30024_2

出典 lbr-japan.com

人間の身体は、寒さを脳が感知すると、自律神経にその信号が伝わります。自律神経とは、体温を一定に保つ「体温調節」の働きを担っている神経で、「寒い」という信号が伝わると、血管を収縮させて熱の発散を抑えてくれます。
しかし、血管が収縮した状態が続くと血行不良が起こり、温かい血液が足先まで届きにくくなり、足が冷えます。
その為、ホッカイロや湯たんぽで太い動脈が走っている首、手首、足首を外部から温める事で、血液が温まり、血行が良くなるため足先から温まります。
ただし、ホッカイロや湯たんぽ長時間使い続け、低音火傷を起こす事もあり、低温火傷は痕が残りやすいので24時間、温め続ける事が出来ない為、一時的な冷え対策でしかありません。

出典 minpon.jp

つまり、湯たんぽやホッカイロは、冷えている部分ではなく、「首、手首、足首」を温めると有効。ただし、低温火傷に注意が必要。

 

② 流行りの生姜など体を温めてくれる食品&飲料

post30024_3

出典 www.kochi-sakata.co.jp

ここ数年、身体を温めてくれる食材として生姜(ショウガ)ブームが続いています。
乾燥生姜の辛み成分ショウガオールは血行促進の作用がある為、温かい血液が足先まで届きやすくなり、足が温まります。また、唐辛子の辛み成分カプサイシンも同様です。
ただし、これらを摂りすぎると、汗が出る為、かえって身体を冷やしてしまいます。
また、大量のカプサイシンが体内に入ると、粘膜が傷つきやすくなって胃腸などが荒れたり、咳が出たり、息切れがしたりするので注意が必要です。
ですので、一時的に身体を温めてくれる飲料や食品に頼るのではなく、栄養バランスのとれた食生活を続ける事が大事なのです。

出典 minpon.jp

つまり、生姜やトウガラシなどは、体を温めるのに有効。ただし、食べ過ぎには注意が必要。

 

③ 人間本来の身体の熱を使い、身体を温める方法

post30024_4
人は「寒い」と感じたとき、自律神経の働きにより、血管を縮ませて熱を逃がさないようにします。また、身体をブルブル震わせる事で、筋肉を振動させて熱を作っているのです。また、下半身が上半身に比べ体温の低い状態を『冷え』といいます。冷えがあると、血管が縮み、血の巡りが悪くなる為、老廃物が身体に溜まりやすくなります。
その結果、細胞や内臓の機能が低下し、『冷え性』『むくみ』『生理不順』『肩こり』等になりやすくなります。ですので、保温性に優れた靴下を履き、身体の熱で足元を温め、上半身より体温が高い状態を保つ事をお勧めします。

出典 minpon.jp

この靴下を使って足元から身体を温める方法には、ちょっとしたコツがあるようです。
それは、「靴下を重ね履きすること」だそうです。

 

靴下を重ね履きに、最適化された靴下。「リンマー」

post30024_5

出典 minpon.jp

この「リンマー」という靴下は、重ね履きしたときに、より暖かくなるように設計された冷え性対策靴下なんだそう。保温性にすぐれ、暖かくなってきて汗をかいたときように吸湿性、放湿性にも優れた絹(シルク)を使っていることが特徴のようです。

リンマーの詳細情報はこちらから

 

利用者の声

「予想以上の暖かさにびっくり!」という声もあるほど。これは一度試してみたい冷え性対策ですね。暖房を使わない分、電気代の節約にもなるかも?

リンマーの詳細情報はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post126445_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

229912_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る