HOME

映画のロケ地として使われた雰囲気抜群な古民家カフェ「蓮月」季節限定の美味しいスイーツも人気!

2017/12/18 | 3,043 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

昭和初期に建てられたレトロな古民家カフェでお茶していきませんか?

 

今回ご紹介する「蓮月(れんげつ)」は、東京の中でも下町感溢れる大田区池上にあります。
最寄駅は「池上駅」で駅より徒歩8分ほど、目印としては池上本門寺が近くにあります。

 

以前はお蕎麦屋さんとして使われていたのですが、ご主人が高齢のため引退。
長年愛され続けた場所を何とか再利用できないだろうかと多くの人が集まり、2015年に古民家カフェとして再び使われるようになりました。

 

 
 

ちなみに以前のお蕎麦屋さんが閉店し、蓮月が出来る前には“ふきげんな過去”という映画の撮影場所としても使われていたそうです。
映画を見てから訪れてみるというのもお店の雰囲気をより一層楽しめて良いかもしれません♪

 

(※映画の中で登場した豆カレーをメニューとして提供していましたが、現在は終了しています。)

 
 

▼店頭にプレミアム・エディションのDVDも置かれているそうです。

 
 

2階部分はレンタルスペースとして利用できます。

 

蓮月の2階では、イベントやギャラリー、レッスンなどの場所として使うことが出来ます。
部屋数は3つあり、花の間・鳥の間・風の間という名前で全ての部屋を繋げても利用できます。
事前に予約が必要なので、気になる方は【公式サイト】をご覧ください。

 

 
 

(全室を繋げると32畳の広さになります!)

 
 

カフェメニューをご紹介します。
次のページをご覧ください。
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る