HOME

自然たっぷりで、限定で宿泊も可能!大昔から伝統の野菜を守り続ける『森の家』が素敵

2017/12/6 | 1,216 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

「伝承野菜農家 森の家」

 

山形県最上郡真室川町。
雄大な自然が広がるこの地には、遥か昔から受け継いできた畑で、大切に継承して来た作物を大切に作り続けてきた人たちがいます。
今回ご紹介するのは、伝承野菜を作る農家であり、農家民宿でもある「森の家」です。

 
 

200740_1

出典 森の家公式サイト

 
 

甚五右エ門芋

 

森の家に住む佐藤家には、室町時代から代々受け継がれてきた「甚五右エ門芋(じんごえもんいも)」という伝承野菜があります。
一般的な里芋よりも収量が少なく、手がかかる品種なのですが、先祖代々守ってきた里芋で、品種改良などは行っていません。

 
 

希少の高いいも

出典 森の家公式サイト

 
 

森の家では、”甚五右エ門芋”の収穫を祝う芋煮会も開いているそう。
今年でなんと8回目で、芋煮や郷土料理がふるまわれるそうです。(今年は終了しています)

 
 

芋汁

出典 森の家公式サイト

 
 

もちろん、作られているのは甚五右エ門芋だけではありません。
さわのはな、畑なすなどの他、原木なめこなども収穫しています。

 
 

なめこ

出典 森の家公式サイト

 
 

公式サイトから購入することもできますので、ぜひご確認下さい。

 
 

野菜セット

出典 森の家公式サイト

 
 

宿もあります。

次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る