HOME

福島のお土産といえばこれ♪日本三大饅頭の一つ「柏屋薄皮饅頭」

2017/12/6 | 1,828 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

餡がたっぷり!柏屋といえば薄皮饅頭♡

 

1852年(嘉永5年)柏屋は奥州街道郡山宿(現在の福島県郡山市)の茶屋として薄皮饅頭の製造を始めました。
薄皮で餡がたっぷりの饅頭は当時とても珍しく、忘れられない程の美味しさで奥州街道の名物となり、旅人は薄皮饅頭を食べるためにわざわざ遠回りしたとまで言われています。
薄皮饅頭が誕生してから160年以上。今も愛される福島の定番お菓子”薄皮饅頭”が有名な「柏屋」をご紹介します!

 

manjyu

出典 柏屋 公式サイト

 

日本三大饅頭!柏屋の薄皮饅頭

 

東京”塩瀬総本家の志ほせ饅頭”、岡山”大手饅頭伊部屋の大手まんじゅう”に並び、福島柏屋の薄皮饅頭は日本三大饅頭と称されています。
日本三大饅頭にも数えられる「柏屋」の薄皮饅頭は選りすぐりの素材と職人の技で作られています。

 

azuki

出典 柏屋 公式サイト

 

厳選された北海道産の小豆と、柏屋の技術と職人の技から、柏屋のおいしい餡は生まれます。
創業以来ご愛顧いただいている「こし」は、上品でなめらか、口どけのよさとさらっとした甘味が身上です。
「つぶ」は、甘さひかえめで小豆本来の素朴な風味と、ふっくらとしたつぶの食感が楽しめます。
どちらも、素材のおいしさが凝縮された柏屋自家製の餡。 自信を持っておすすめする味わいです。

出典 柏屋 公式サイト

 
 

薄皮饅頭の楽しみ方いろいろ

 

シンプルな薄皮饅頭ですが、じつは様々な味わい方があります。
シンプルなアレンジは、薄皮饅頭を電子レンジや蒸し器で温めて出来立ての味わいを冷たいミルクと楽しむことです。
もちろんそのまま食べても美味しいですが、新しい薄皮饅頭の美味しさを発見してみてください。

 

▽天ぷら饅頭
衣をつけて油で揚げる「天ぷらまんじゅう」は深い味わい。福島県ではメジャーな食べ方で、おやつとしてもお惣菜としても食べられています。

 

▽フローズン薄皮
薄皮饅頭を冷凍すると新食感のおいしいデザートになります。こしあんは凍らせたものを薄くスライスして「ソルベ風」に、つぶあんはそのままで「小豆アイス風」にして食べるのがオススメです。

 

▽こんがり焼き薄皮
フライパンにバターをひいて、少しこげ目がつくくらい焼けば、香ばしさが新しい「こんがり焼き薄皮」になります!

 
 

まだある!柏屋の名品


次のページへ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る