day2konahospital007
2015/1/23 | 11,995 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

こんなことになるの?!衝撃すぎるMRIの事故!!

MRIを壊してしまったという仰天画像!

MRIとは…

mri_1

出典 siemens

MRIとは(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像)の略称です。
非常に強い磁石と電波を利用して、人体の様々な断面を撮像する検査です。

出典 大阪大学医学部付属病院放射線部

 
MRIの検査を受ける前に注意しなくてはならないことがあります。

MRI検査室は常に強い磁場が発生しています。磁石にひきつけられたり、破損のおそれのあるもの、画像に影響するものについて検査前に検査スタッフがチェックし、あらかじめ取り外して頂きます。

出典 大阪大学医学部付属病院放射線部

金属製の部品を体内に埋め込んでいると
検査を受けられない場合もあるのだそう…
 
さらに検査室に持ち込めないものもあります。

金属類

時計、メガネ、ライター、鍵、アクセサリー(ピアス、ネックレス、指輪)、ヘアピンなど

磁気カード

キャッシュカード、テレホンカード、定期券、駐車券、診察券など

その他

携帯電話、補聴器、入れ歯、カイロ、湿布、マスカラ、アイシャドウ、刺青など

出典 大阪大学医学部付属病院放射線部

アイシャドウやマスカラ、刺青などで火傷をする恐れもあります。

 
MRIは「非常に強い磁力」が発生するため、
取り扱いは厳重に行わねばなりません。

 
しかし、そんなMRIならではの事故が起きてしまったという写真がネットで話題になっています。

mri_2

出典 らばQ

なんてことだ!!!

MRIの磁力が強すぎて、そばにあった金属の器具が吸い込まれてしまています…

 
mri_3

出典 らばQ

ベッドが丸ごと!しかも宙に浮いています!!!

 

海外の掲示板での反応

●最初、なんでこのはしごを突っ込もうとしたのかなと思った。ああ磁力か……。

●これが理由で、金属を持ってMRIのある部屋に入ってはいけないんだ。機械に食べられてしまう。

●きっとキャスターをロックしたので大丈夫と思ったんだろうな。

●(投稿者)説明すると、病院内で工事が行われていて、作業員が天井にアクセスする必要があった。それで足場として立てようとしたのだが、何かをする前にもう機械に食われていた。その次に聞いたのは修理に130万ドル(約1億5000万円)かかるということだ。

↑いや、それは幸運だよ。もし人が金属とMRIの間にはさまれてたら、もう死んでるよ。

↑そのコストのほとんどは、磁気冷却剤で磁気を取り除くためだと思う。液体のヘリウムは近頃は安くないからな。

↑誰かがクビになるような額だな。

出典 らばQ

このようなことが原因で恐ろしい事故につながることもあるのでしょう。

 
MRIの異常な磁力が分かる動画はこちらから。

出典 youtube

凄い威力!!MRIを受ける際は徹底的に注意しましょう!!

見出し画像出典元 KONA COMMUNITY HOSPITAL

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post126445_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

post230813_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る