31624_7
2015/1/22 | 9,146 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

お腹をすかせた仲間の為、3年間毎日餌を運んだ犬の感動ストーリー

”リリカ”は廃品置場で暮らしていました。
廃品置場の所有者によると、5年前に誰かに捨てられて以来、この場所に住み着いたのだそう。
31624_1

 
ある日のこと。
食べ物を求め、彷徨い、辿り着いたのはスーザさんという女性の自宅周辺でした。
31624_2
スーザさんは餌を与えるものの、リリカは全部食べずに動きを止めてしまいます。
残った餌を見つめ、そしてスーザさんを見つめました。

 
残りの餌を袋に入れ、リリカに渡すと、袋を口に咥えどこかへ去っていきました。
31624_3
 
来る日も来る日も、リリカはスーザさんに餌を貰い、残りは袋に入れてまた去っていきます。

 

いったい、どこへ・・・?どうして?

 

スーザさんは気になり、リリカの後をつけてみることにしました。

 
すると・・・

 
そこには沢山の動物達がいました。
そう、リリカの住んでいる廃品置場には様々な種類の動物が一緒に暮らしていたのです。
にわとりや猫、ラバもいます・・・
31624_5
 
自分だけ、スーザさんの家で暮らす事も出来るだろうに、リリカは仲間達に餌をあげるために3年間、毎日餌を運んでいます。
雨の日も、風の日も、ギュッと口に袋を咥えて片道3キロ以上の道のりを往復しているのです。
31624_6
 

”自分だけ助かればいい”
そんな事は1ミリも思わないのです。

 
▼この動画を見て、涙が止まりませんでした。

出典 Youtube

お腹をすかせる仲間のために、決して見捨てる事なく毎日6キロ以上もの長距離を歩き続けるリリカの優しい心に感動。心が洗われました。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post126445_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

post230171_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る