プー③
2015/2/6 | 2,495 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

くまのプーさんは実在した!?クマのウィニーのお話

黄色いボディでハチミツ大好きな「くまのプーさん」
世界中から愛され、彼を知らない人はいないんじゃないかというくらいの知名度を誇るキャラクターですね。
このプーさんのモデルとなったのは、原作者のA・A・ミルンが息子のクリストファー・ロビンにプレゼントしたテディベアだったというのは有名な話ですが・・・

なんと、プーさんには実在するクマのモデルがいるとのこと!!

 

【The bear who inspired Winnie-the-Pooh】

出典 youtube

作中でもクリストファー・ロビンは「ウィニー・ザ・プー」と呼んでますが、この名はカナダのマニトバ州に住んでいたハリー・コルバーン中尉が飼っていたクマに因んだものだそうです。
プー①
ハリー・コルバーン中尉とプーさん(本物)正しくはウィニーという名前だそうです。

 

悲しくも猟師に母グマを殺された子グマのウィニーは、コルバーン中尉に20ドルで買い取られました。
ウィニーはコルバーン中尉の部隊のマスコット的存在となり、可愛がられます。
そして第一次世界大戦で戦うためコルバーン中尉がイギリス行きの船に乗るときも、こっそりと連れてこられてたようです。

 

コルバーンがフランスで戦っている最中、ウィニーは安全なロンドン動物園に預けられました。
プー②
( これは現在のロンドン動物園です。 )

 

ここでクリストファー・ロビンはウィニーと運命的な出会い!!
プー③
2人が一緒に並んで立つ、当時の写真

 

クリストファー・ロビンは父A・A・ミルンに連れられてよくロンドン動物園に遊びにきており、ここでのお気に入りがウィニーでした。

クリストファー・ロビンは大好きなクマ、ウィニーといつも一緒にいられるよう、テディベアに「ウィニー・ザ・プー」と名付けたそうです。

小さな男の子とクマの思い出は、
世界中で有名な「クリストファー・ロビン」と「ウィニー・ザ・プー」の可愛らしい物語となり、
今でも世界中で愛される名作として、大切に大切にされています。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

228280_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る