6
2015/2/20 | 14,292 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

『夜食べるだけで痩せ体質!?』ダイエット効果がある魔法の食材5つ★

冬に溜め込んでしまった脂肪は、なかなか落ちにくいもの・・・(((( ;゚Д゚)))ガクブル

「なんどリバウンドしたことか・・・」と悩んでいる方、必見です!!

夜食べるだけで”痩せ体質がゲット”できる魔法の食材5つを紹介!(^^)!

 

1、バナナ

 1

出典 excite.co.jp

 バナナに含まれるアルギニンは、アンチエイジング効果や疲労回復効果。

アンチエイジングの若返り効果で美肌に。

癒し効果のあるセロトニンや疲労回復効果があるマグネシウムが含まれているため、安眠効果に期待。

ただし食べ過ぎには注意ですよ。

出典 mdpr.jp

 

 2、納豆

2

出典 macaro-ni.jp

 ナットウキナーゼには血液をサラサラにする効果。

冷えやむくみの改善で老廃物も溜まりにくくなるため、美肌にも効果を発揮。

ナットウキナーゼは熱に弱いので、調理せずにいただきましょう。

出典 mdpr.jp

 

 3、ハチミツ

3

出典 speedprosignssteinbach.com

 寝る1時間前のハチミツダイエット。

睡眠前に糖質を摂取しておくことで、肝臓に適度な糖質が蓄えられ、

就寝時にアンチエイジング、脂肪燃焼効果のある成長ホルモンが分泌される。

 摂取方法は、大さじ1杯のハチミツをお湯で溶かして飲むだけ。

出典 biranger.jp

 

 4、ヨーグルト

4

出典 r-yakuzaishi.net

腸の働きが最も活発になるのが、睡眠のゴールデンタイムである22時~2時。

整腸作用のあるヨーグルトで腸内環境を整えることで、乱れがちな便通をスムーズに。

出典 mdpr.jp

 

 5、トマト

 5

出典 matometanews.com

リコピンには抗酸化作用があり、お肌をシワやたるみから守るという美肌効果。

成長ホルモンの分泌が促されやすくなるので、肌の保湿力をアップ、バストアップやダイエット効果も期待

加熱したり、油で調理することで、リコピンの吸収率が高まります。

出典 macaro-ni.jp

 

胃に負担をかけない程度に摂取し、痩せ体質を”ゲット”しましょう(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

よしっ!早速今日から・・・(笑)

見出し画像引用元 men-joy

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

108186_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る