post39539_ic2
2015/3/13 | 10,082 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

盲目のゴールデンレトリバー「スマイリー」辛い過去を乗り越えて人々に笑顔をもたらすストーリーに感動しました。

カナダのオンタリオ州で暮らすゴールデンレトリバーの「スマイリー」。彼は、生まれつき両目が不自由だった。さらに子犬の時は劣悪な環境で数年間を過ごしたため、今の飼い主であるジョアンさんが里親になり引き取ったときは両目が落ちくぼみ、目を縫合する必要もあったとのこと。ただ幸いにも手術は成功し、少しずつ快方に向かっていったようです。

現在のスマイリーの様子

post39539_6
現在のスマイリーは10歳。今は、公認セラピードッグとして、精神障害や身体障害のある人たちに癒しを与える仕事をしているという。「スマイリー」という名にふさわしく、彼の笑顔にたくさんの人が癒され、救われています。ただそこにいるだけで、障害を持った人たちの表情が変わってしまうかけがえのない存在になっているのだそうです。

 
そんなスマイリーの様子を動画でご覧ください。

自然とスマイリーのもとに人たちが集まってきます。それが、スマイリーのすごいところ。そんな癒し効果を放っているスマイリーには、いくつかのエピソードがあるので、ご紹介します。

 

エピソード1. 笑顔を見せない患者さん

post39539_1
施設で暮らしていたとある重度障害の患者さんは、職員に一度も笑顔見せたことがありませんでした。そのため、職員の中でも感情がないのかと思われていたほどだといいます。しかし、初めてスマイリーの顔を見たとたん、その患者さんも笑顔を見せてくれました。スマイリーの素晴らしい笑顔につられてしまったのかもしれませんね。

 

エピソード2. 落ち着けない自閉症の子供

post39539_8
スマイリーの暮らす地元の図書館でドッグセラピーに、スマイリーが参加したときのこと。とある自閉症の子供の近くにスマイリーが寄って行くと、その子供もスマイリーに寄り添い、30分ほど本を読んでいました。というエピソードがあります。この時のことを、自閉症の子供母親は驚きを隠せない表情でこう言ったらしいのです。「娘がこんなに長く一ヶ所にいるのを見たのは生まれて初めてだ」と。その子は、普段1分でもじっとしていることができないのですが、スマイリーが近くにいるだけで、長時間落ち着いていられたそうなのです。癒しを与えるスマイリーならではのエピソードですね。

 
そんなスマイリーの癒される画像をご覧ください。
post39539_2

post39539_3

post39539_4

post39539_5

post39539_7

辛い過去を経験してもなお、スマイリーのように人を癒せる存在になれることは本当にすごいことだと思います。この笑顔を見ていると本当に両目が見えていないのかな?と疑問に思ってしまうほど、幸せそうで癒されますね。

出典 MY MODERN MET

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

228450_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る