PPC_1manensatu4mai500-thumb-750x500-1062
2015/3/30 | 267,768 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

「お金をもうけると誰かのお金が減る?!」という質問への回答が完璧すぎる!

Yahoo!知恵袋で「お金をもうけることは誰かのお金が減るということ。本当にいいのか?」という質問をした人に対してベストアンサーが付いた回答が完璧すぎると話題になっています。

 
 

話題になっているベストアンサーがこちらです!!!

富という物は、増える物なのだよ。そのメカニズムを説明いたしましょう。

 

たとえば、世界に二人(A君とB君)しか人間がいないとしよう。そして、1万円札が1枚だけあるとしよう。この時点では、世界全体の富の合計金額は、たったの1万円ということになる。

 

最初、A君が1万円札を持っていたとしよう。B君はそれが欲しかったので、A君のために家を作ってあげて、A君に1万円で売ってあげた。その結果、今度はB君が1万円札の所有者となった。A君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。この時点で世界全体の富の合計金額は2万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家)

 

次に、A君くんは、ふたたび1万円札が欲しいと思い、B君のために家を作ってあげてB君に1万円で売ってあげた。その結果、今度はA君は1万円札と家の所有者となった。B君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。この時点で世界全体の富の合計金額は3万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家が2軒)

 

こうして、A君とB君との間を1万円札が行ったり来たりするたびに、A君とB君の手元には、様々な不動産や価値ある品物が増えていった。(つまり世界全体の富の合計金額が増えていった)

 

やがて、二人は良い考えを思いついた。お互いに価値ある財物をたくさん所有するようになったので、それらを担保として1万円札をもっとたくさん作ろうと。(10万円相当の財物を担保に1万円札を10枚作るということ)

 

その結果、もっと多くのお金が二人の間を行き来するようになり、もっとたくさんの財物が生産されるようになった。

 

以上です。設定にやや無理がありますが、原理は真実です。世の中の各人が「お金が欲しい!」と思い、お互いに努力し、生産し、サービスを提供し、つまりは経済活動をすればするほど、世の中全体の価値ある品物・価値あるサービス・財産、つまり富は増えていくのです。

 

要するに、あなたがお金を儲ければ儲けるほど、世の中全体も豊かになっていくのです。あなたがお金を儲けたということは、それに相当するだけの価値を誰かに提供したと言うことでしょう? つまり「A君に作ってあげた家」を創造したと言うことでしょう?

 

あなたは儲けなければならない。なぜならば、それが世の中全体を豊かにすることに直結しているのだから。

 

たとえば、今中国が急速に経済成長し、国全体の富が急激に増えているのは、先ほどのA君・B君の営みを10億人規模で(それこそ血眼になって)やっているからです。つまり、多くの人々が「お金を儲けよう!」と必死で頑張ると、世の中の富は無限に増えるのです。

 

今の日本が経済的に縮んで(つまり貧乏になって)いっている理由は、多くの人々が「お金を儲けよう」としなくなったからです。

出典 知恵袋

 
 

確かにこれなら納得しますよね。日本人の持ちがちな”過剰にもうける=「悪」”のような罪悪感を拭うにはいい例えです。

 

「お金を稼ぐ」ということは「 誰かの役に立つ 」という事。「誰かの役に立つ」からそこに価値が生まれるのです。

 

悪いことでなければ稼ぐということに抵抗を持たなくてもいいんですよ。
この回答はとても納得し、参考になったのでご紹介させていただきました。

 
 

関連記事

【何気ない呟きがきっかけで大反響!】祖父が手作りで販売する特許商品「方眼ノート」が注文殺到!
『世界で一番貧しい大統領』ムヒカ前大統領が来日!日本の若者に向けて発したメッセージに心打たれる!
フランスが法律で食料品の廃棄を禁止!先行く日本もこのままでは『もったいない文化』を語れない
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

228280_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る