maguro_09
2015/4/10 | 10,976 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

巷で話題の「みさきまぐろきっぷ」で、超お得な日帰り旅行ができると話題になっていたので、行ってみた。

京急の乗り場で大々的に宣伝されている「みさきまぐろきっぷ」。
ちょっと調べてみただけでも、これを使って日帰り旅行に行っている人たちのブログがたくさんヒットする。さらに、そこで食べたとされるまぐろが美味しそう過ぎる!

 
というわけで、「みさきまぐろきっぷ」を使って、日帰り旅に行ってみることにした。

 

「みさきまぐろきっぷ」について

maguro_site

出典 KEIKYU

 
「みさきまぐろきっぷ」は、品川駅できっぷを購入できる。
maguro_01
品川駅からは3,060円(小人2,310円)。ちなみに、横浜からだと2,960円(小人2,260円)。
チケット3枚とパンフレットを渡してくれる。

 

■1枚目の切符 → 京急往復乗車券(途中下車OK、逆戻は不可・有効期限1日)
+京急バスの乗車券
■2枚目の切符 → 25店舗から選んでマグロ料理が食べられる食事券
■3枚目の切符 → 遊べるレジャー施設orお土産が無料になる利用券

 
maguro_02

「みさきまぐろきっぷ」使った日帰り旅行。まずは、腹ごしらえ

向かい合わせの4席の座席に座ることができたので、より旅気分が増した状態で三浦海岸駅に到着。
maguro_03
maguro_04
ほどよく人がいなくて、ほどよくさびれている。

 
maguro_05
駅前には、まぐろのぶつ切りやイカの生干しなどが売られていて、地味ながらも気持ちは上がる。「三浦海岸」で降りたのは初めてなのだが、夏はちゃんと盛り上がったりしているのだろうか。余計なお世話だが、心配になる。

 
パンフレットやサイト、行ったことがある人のブログなどをチェックして、「えらべるまぐろお食事券付き25店舗」の中でも、評判がよかった「廻転寿司 海鮮」をチョイス。

 
駅から大通りまで歩いて2分ほど。すぐ目の前にお店はあった。
maguro_06
正直、ちょっとびびる。
閑静な街の雰囲気の、ちょっと入りづらい店構えだ。
しかし、お店に入ってみると想像とまったく違う活気ある雰囲気。

maguro_07
まだお昼前だというのに、店内は満員。店内は10人ほど待っている
人気店なのだということがわかる。
しかも、外から見たよりも店内が広い。
待つこと約20分。回転率がよく、思っていたよりも早く順番が来た。
食事券を渡すと店員さんの「きっぷ3名様、ご注文~」という声が響く。
ほとんどの人が、「みさきまぐろきっぷ」を使っているらしく、ほぼ待つことなく出てきたのが、コレ。

maguro_08
お寿司12貫! なんていうボリューム。
飲み物は一杯ついてくるのだが、お寿司ということで、お味噌汁がほしかったので、あら汁を頼んでみた。
すると、こんな豪華なランチセットができあがった!

maguro_09
足りなかったら回転してるお寿司食べちゃおうなんて思っていたのに、
「もう食べられないよー」を本気で言うほどおなかいっぱいになってしまった。
しかも、驚くべきことに、あら汁は160円。

バスに乗って「油壺マリンパーク」へ

このきっぷについてくるレジャー施設利用券が使える施設は8つ。
そのうち3つは温泉施設。レンタサイクル、ガラス工芸、三崎フィッシャーナ・ウォーフ「うらり」産直センター(おみやげと交換)、水中観光船 にじいろさかな号の中から、油壺マリンパークを選ぶ。
バスでは、降りるときにチケットを見せれば無料で乗り降りできる。
京急線「三崎口」駅から京浜急行バス「油壺」で降り、なぜかそこから徒歩で5分ほど入口まで歩く。
maguro_10
日帰り旅行にぴったりの広さ。

 
maguro_11
入るとすぐにサメを触ることができるプールがあった。
コピーは、「サメ肌を感じてください」

 
maguro_12
これ、ヒトデだと思って触ったら固くてびっくり。貝なのだそうです。

 
maguro_13
あしか島でのごはんタイム。オスが一頭、メスが二頭のハーレム制度だそうだ。

 
maguro_14
なんと、最初9匹だったキタイワトビペンギンの繁殖に成功させて、現在は38羽もいるのだそう。日本にいるキタイワトビペンギンの半分以上をここで見ることができるとか。

 
maguro_15
柵が低いので、目の前でものすごい勢いでペンギンが泳ぐのが見られる。
ここまで近くでペンギンが見られる水族館は、ここぐらいなのではないだろうか。

 
そして、やはりメインイベントはイルカ&アシカのショー。
「ファンタジアム」という屋内劇場でのパフォーマンス。
昭和チックな雰囲気満載で、「楽しい空気感」ぐらいのつもりで見ていたのだが、いきなりあしかがひとりで出てきて挨拶したり、謎のペンギンのキャラクターがオネェだったり、イルカの演奏が素晴らしかったりと驚きの連続。

ちなみに、4月10日からは、「イルカ・アシカの時代劇 ペンギン武将天下統一」というショーがスタートするそうだ。

 
さて、最後にここまでで本来なら使ったお金を計算してみた。

品川→三浦海岸      1920円(往復)
お寿司            1500円
三浦海岸→三崎口     280円(往復)
三崎口→油壺 バス    520円(往復)
油壺マリンパーク入館料:1700円
(高校生以上1700円、中学生1300円、小学生850円、4歳以上の幼児450円)

な、なんと5920円! 2860円も得していたのでした。

 
本当ならば、最後はおみやげを買うシーンで締めたかったのですが、マリンパークが思いのほかおもしろく、閉店の17時に間に合わなくなってしまったので、写真だけでもどうぞ。
335165EF89704811AA53F1C53896F266_L

出典 トラベル.jp

取材で行ったのは土曜日だったのですが、これが土曜日? というほどのちょうどいい混み具合だったので、週末でもお気軽に行ってみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post126445_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

post229963_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る