robot
2015/4/20 | 1,059 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

【ピカピカの一年生】新しいお友達はロボット!?

一年生になった~ら~
一年生になった~ら~
友達100人作るんだ♪

・・・100人とは言わなくとも『新たな出会い』に期待するのが新学期。
期待に胸を膨らませ、何もかもがピカピカして見えるのが4月なのですが、
とある小学校に見た目からピカピカしている異色の転入生が入ってきたようです。

 

▼え?どういうこと????

 

 

↓↓↓ロボット転校生といえば、この子しか浮かばなかった『んちゃ!!』↓↓↓
arare

出典 youtube

 

 

▼【ロボットの転校生】の正体は遠隔操作で動く最先端の代理出席者だったようです。

 

▼ 移動するモニターとスカイプが合体したようなものらしいです

 

↓↓↓youtubeで別のニュース動画があったので合わせて紹介します↓↓↓

【Sick boy goes to school as a ROBOT and interacts with students and teachers】

出典 youtube

 

病気のため学校に行けない生徒の代わりに登校し、
教師や友人達とモニターを介してコミュニケーションをとったり、授業中に発言・直接質問をすることも出来ます。
ロボットは自走できるので、遠隔操作で移動することも可能。
なので、教室間を移動したり、休憩の時間にコミュニケーションをとる事だって出来ます。
直接登校できなくても、勉強以外にも大切な【友達との時間】を共有できることは大変素晴らしいですよね。

 

ネットの反響

▼ 確かに、学校側にも自然な受け入れ態勢があることが感じられます

 
▼ 保護者たちの教育についての姿勢も素晴らしいと思います

 

今回ご紹介したのはアメリカの学校での遠隔操作ロボットでの登校の様子です。
日本でも少し前に【ロボット小学生を京都の小学校で受け入れる】というニュースがありましたが、
日本で導入されたのロボットはあくまでも”ロボット研究の一環”だったようです。
同じロボット転校生でも、日本とアメリカでの導入理由の根本的な部分での違いがあるので、とても画期的なロボットだなぁ~と思いますが、すぐに日本でも同じものを導入!!というわけにはいかないのでしょうね。
でも、きっと病気などで登校できない子どもたちの多くが、『こんなロボットあったらいいなぁ』と思うはず。

 

皆さんは、この【ロボット転校生】について、どう思われますか?

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post126445_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

230622_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る