hokuto1
2015/5/20 | 10,639 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

【予想外?】寝台特急の運行トラブルに誰も怒っていない事実

今月17日にJR函館線を運行中の寝台特急『北斗星』で走行中に客車のドアが開き、そのまま10分ほど走行したというニュースがありました。
そのときに北斗星に乗り合わせていた乗客にマスコミがインタビューするも、予想外なコメントの数々にマスコミも驚愕!

 

▼あれ?怒ってないよ???

 

 

【本当に誰も怒っていなかった!!!(゚ロ゚ノ)ノ】

hokuto1

hokuto2

hokuto3

hokuto4

運行トラブルを、なんだか『ラッキー☆』くらい思ってそうなご様子で・・・
日ごろ、鉄道のダイヤの乱れにピリピリしがちな日本人からは想像しがたい程の穏やかな雰囲気!!

 

それは停車した車両が【北斗星】だからというのが大きな理由なのです!!!

hokuto5

出典 www.photo-ac.com

寝台特急を代表する客車で、ブルートレインと呼ばれて親しまれていた北斗星。
本州と北海道を結ぶ列車ですが、単なる移動手段として利用するだけではなく、ホテルのようなサービスを提供していました。
今年の3月15日に27年間続いた定期運行は終了し、寝台特急としての運行をほぼ引退した北斗星。
引退発表前から『予約の取れない人気の寝台特急』としてかなり有名で、長年の鉄道ファンに限らず、ゆったりとした旅を満喫したい旅行者からも大変な人気を誇っています。

 

定期運行が終了してからは、さらに『予約の取れない北斗星』となっているので、
『乗れただけでもラッキー!今回のトラブルで少しでも長く北斗星を満喫できて、さらにラッキー☆』
というのが、この時に乗り合わせた乗客の心理・・・といったところなのでしょう。

 

 

【この乗客の反応に共感する人多数】

 

ドアのトラブルについても誰も負傷せずに無事に解決し、目的地まで到着できて本当に良かったと思います。

 

 

【そして、この北斗星について悲しいニュースがあるようです・・・】

 

▼ニュースの詳細はこちらのツイート内のリンクからご覧ください

 

具体的な解体日時については公表しないということらしいのですが、これだけの人気客車の解体なると、多くの鉄道ファンは涙が止まらないことでしょうo(TヘTo)

 

私は寝台特急を利用したことは無いのですが、
機会があればぜひ、寝台特急でゆったりとした旅を満喫してみたいです。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

228280_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る