post55898_ic2
2015/6/5 | 3,524 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

準備しておきたいペットの災害対策!いざというとき大切なペットたちを守るために。

2015年6月現在、最近は火山の噴火や、地震などの発生により災害に対する不安を持って生活することも多いはず。みなさん緊急時の対策はお済ですか?準備は完璧!という方ももう一度考えてみてください。飼っているワンちゃんや、猫たちの災害対策もお済ですか?

post55898_3

著作者 t-miki

地震などの災害が発生した場合、人間たちと同じようにペットたちにも被害は及びます。そんなとき一緒に避難できるように、事前に対策をしておくのも飼い主の大切な努めですよね。

 

飼い主が備えておくべきこと

環境省が出している「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」には、災害が起きる前に、事前に準備しておくべき対策も記載されています。こちらのガイドラインを参考に事前に対策しておくべきポイントを抑え、実施しておきましょう。

 

事前に備えておくべきものことリスト

 
● 普段の暮らしの中での防災対策
● ペットのしつけと健康管理
● ペットが迷子にならないための対策(マイクロチップ等による所有者明示)
● ペット用の避難用品や備蓄品の確保
● 避難所や避難ルートの確認等
● 災害時の心がまえ

出典 災害時におけるペットの救護対策ガイドライン

 

普段の暮らしの中での防災対策

地震などの災害が発生した場合には、家具が倒れてきてペットたちが命を落とすことも考えられます。そこで、ペットたちが普段いる場所の回りに危険なものや、倒壊するものがないか安全確認をしておく必要性があります。

 
外で飼っている場合、首輪が外れてしまい地震の揺れに驚いて逃げだしてしまうこともあるかもしれません。そういったことが起きないように事前にチェックしておくことも重要です。

 

ペットのしつけと健康管理

避難所に避難した場合に、ペットたちが他人の迷惑にならないように、基本的なしつけはしておくことも大事かもしれません。また小型犬や、猫の場合は、ケージやバッグに入れられることに慣れさせておくことも重要です。普段から慣れておらず、災害時に急にケージに入れたりしてしまうと、ペットたちのストレスにつながることもあります。出来るだけ普段から慣れさせておくことが重要です。

 

犬の場合
●「待て」「おいで」「お座り」「伏せ」などの基本的なしつけを行う。
● ケージ等の中に入ることを嫌がらないように、日頃から慣らしておく。
● 不必要に吠えないしつけを行う。
● 人やほかの動物を怖がったり攻撃的にならない。
● 決められた場所で排泄ができる。
● 狂犬病予防接種などの各種ワクチン接種を行う。
● 犬フィラリア症など寄生虫の予防、駆除を行う。
● 不妊・去勢手術を行う。

 
猫の場合
● ケージやキャリーバッグに入ることを嫌がらないように、日頃から慣らしておく。
● 人やほかの動物を怖がらない。
● 決められた場所で排泄ができる。
● 各種ワクチン接種を行う。
● 寄生虫の予防、駆除を行う。
● 不妊・去勢手術を行う。

出典 災害時におけるペットの救護対策ガイドライン

 

迷子にならないための対策例

災害時にペットたちがパニックになって逃げだすことも考えられる上に、ワンちゃんや、猫と一緒ではないときに災害が発生することも考えられます。そのような場合に備えておくことも重要です。

 

犬の場合
● 首輪と迷子札
● 鑑札や狂犬病予防注射済票(飼い犬は狂犬病予防法により鑑札の装着や年一回の予防注射、及び注射済票の装着が義務づけられている)
● マイクロチップ

 
猫の場合
● 首輪と迷子札(猫の首輪はひっかかりを防止するために、力が加わると外れるタイプがよい)
● マイクロチップ

出典 災害時におけるペットの救護対策ガイドライン

 

ペット用の避難用品や備蓄品の確保

post55898_1

優先順位1 常備品と飼い主やペットの情報
● 療法食、薬
● フード、水(少なくとも5日分[できれば 7 日分以上が望ましい])  
● 予備の首輪、リード(伸びないもの)
● 食器
● ガムテープ(ケージの補修など多用途に使用可能)
● 飼い主の連絡先とペットに関する飼い主以外の緊急連絡先・預かり先などの情報
● ペットの写真(携帯電話に画像を保存することも有効)
● ワクチン接種状況、既往症、健康状態、かかりつけの動物病院などの情報

 
優先順位2 ペット用品
● ペットシーツ
● 排泄物の処理用具
●トイレ用品(猫の場合は使い慣れたトイレ砂)
● タオル、ブラシ
● おもちゃ
● 洗濯ネット(猫の場合)など

出典 災害時におけるペットの救護対策ガイドライン

 
いかがでしたでしょうか?いつどんな災害が起こるかわからないだけに出来るだけ早い時期に、ワンちゃんや、猫たちの災害準備もしておきましょう。

見出し画像著作者 pmarkham

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

52675_ic (1)

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る