55962_ic
2015/6/30 | 17,782 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

有名な幼稚園の入試問題の回答が1つじゃないことについて考えさせられる

下の画像は、日本の某有名私立幼稚園の入試問題の一部です。これが非常に難関で、これから幼稚園に入ろうとする子供たちがこんな問題に回答しているなんて衝撃的です。皆さんも、一度解いてみませんか?
※それなりに有名なので、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ご存知の方は、記事の中段からご一読ください。

 

次の絵を見て答えて下さい。

このバスの進行方向はどっちだと思いますか?

 

 

 

 

正解はこの下に表示されています!
 

 

 

 

正解は・・・?

55962-2

出典 apliclub.info

ここでふと疑問に思った方は、頭の回転が速い方かもしれません。実はこの問題には、もう一つ答えが存在します。

 

もうひとつの正解

問題の画像には、運転手が描かれていません。日本の道路は左側通行のため、Bが進行方向だとすると、B側に運転手が描かれていなければなりません。仮に反対側に運転手が存在するとすると、進行方向はAの方向になってしまいますね。

 
このように複数の回答が考えられる問題で、Aか、Bかを選ばせる問題の場合、回答する子供たちがどのように考えて、回答したのかが重要になりますよね。ただの選択式で、AかBかを選ばせるのではなく、どうしてそう思ったのかをしっかり確認するべきではないでしょうか。考え方によっては、正解としているBではなく、Aが正解になる可能性がある問題を入試問題として使ってしまって良いものか疑問も残りますが。

 
また、これは日本の入試問題なので、考える必要はありませんが、仮にアメリカなど国が違う場合には、右側通行が基本であり、この問題の正解も逆になります。帰国子女のお子さんがこの問題に直面したら間違った回答をしてしまう可能性もありますね。

 
皆さんは、この問題についてどう思われますか?ぜひご意見をお聞かせください!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

post227884_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る