oigawatop
2015/6/12 | 1,118 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

【少年の夢】静岡でトーマスたちに乗車できる!!

みなさん『きかんしゃトーマス』って知っていますか??

 

『顔のついた機関車たちのドタバタ劇』という説明だと少々乱暴かと思いますが、小さい男の子は大体好きだと思います。

テレビアニメはもう20年以上放映されており、もしかしたら@Heaaartをご覧の皆様も幼少の頃にトーマス見てた!!という方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

『きかんしゃトーマス』の原作は1945年に『汽車のえほん』というタイトルで創刊され、1984年からイギリスでテレビ放送が始まりました。
 

 
トーマスたちがいる世界もイギリスのどこかにある『ソドー島』という架空の島という設定になっているのですが、実は日本でリアルにソドー島体験が出来るのです!!

 

↓↓↓こちらのツイートをご覧ください↓↓↓

 

ちなみに、コラ画像などではなく、本当に停車している様子を撮影したものです。

 

静岡県の中ほどにある『大井川鉄道』では、昨2014年から夏季限定で既存の蒸気機関車にトーマス・パーシーの塗装をし、イベント列車として運行しています。
今年はさらにジェームスも追加されており、昨年以上の盛り上がりを見せるはず!!

左から:パーシー・ヒロ・トーマス

出典 /www.oigawa-railway.co.jp

 

 

 

 

 

様々な鉄道会社がトーマスのラッピング車両を運行したりしている中、車体そのものを本物の蒸気機関車を加工してリアルなトーマスに作り上げ運行しているのは『大井川鉄道』のみ!!

大井川鉄道自体の歴史も古く、大井川本線は蒸気機関車 (SL) の動態保存、井川線は日本唯一のアプト式鉄道として知られており、鉄道好きにはかなり有名な路線でもあります。
 

 
走行はしないものの、トーマスの仲間達の中でもかなりの人気を誇る『ヒロ(昔、日本からソドー島に持ち込まれたD51で、ソドー島の森の中で長年放置されていたヒロをトーマスが見つけ、修復し再び走れるようになったというエピソードあり)』にも会えるということで、今年は昨年以上に盛り上がることでしょう。

 

残念ながら、もうすでに予約がいっぱいということですが、『空席再申し込み』や『当日席(空席が出た場合のみ)』もあるということなので、まだ若干の望みは捨てきれない!!!

 

実際に乗車できなくても、写真撮影や走行しているトーマスたちの様子を見るだけでも、少年たちには特別な夏休みの思い出になるのは間違いないです。

 

大井川鉄道周辺は、多くの温泉や綺麗な川、キャンプ場も多数あり、のどかな風景を楽しめる観光スポットとしても人気がある場所なので、夏休みに家族旅行で訪れるのもおススメですよ☆

 

今年の夏は、私も息子を連れてトーマスを見に行こうと思っています。

 

↓↓↓大井川鉄道のHPはこちら↓↓↓

大井川鐵道株式会社 公式ホームページ |2015年「きかんしゃトーマス」の運転について お知らせ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post126445_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

230622_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る