post56976-5
2015/6/12 | 41,929 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

娘の左目に毎日絵を描き続けたお父さんの愛あるアイデアに感動。

生まれつきの病気を持った女の子へ、喜ばせようとお父さんが考え付いた愛の証をご紹介します。

 

白内障を患っていたレイラちゃん。

 
レイラちゃんは生まれた時から、右目が小さな白内障でした。
 
成長したら手術することになっていましたが、
その為に、視力が普通の左目に、
毎日2時間だけ­眼帯をかけて斜視を防がなければなりませんでした。
 
でも、レイラちゃんは眼帯をつける事を嫌がっていたため、
 
嫌がる娘が楽しく眼帯を付けられるように、
お父さんは娘の眼帯に絵を描いて、喜ばせることを思いついたのでした。
 

出典 YouTube

 

右目の眼帯に描かれた、可愛らしい絵の数々。

post56976-2

post56976-3

post56976-4

post56976-5

post56976-6

post56976-7

post56976-8

post56976-9

post56976-10

 

レイラちゃんのお父さん。

post56976-1
お父さんの愛情いっぱいに育てられてたレイラちゃんは、きっと幸せでしょうね。
このおかげで、手術も怖がることなく出来たに違いありません。

 
動画はこちらから。

出典 YouTube

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post126445_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

post230171_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る