「でもあなたは、幸せになりましょうね」とある広告文に込められた意味に注目が集まる

2015/7/2 | 10,456 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

面白いツイートを見つけたのでご紹介します。
日本語の使い方はむずかしいなあと、改めて考えさせられました。

 

「でも」の使い方

電車の中に、こんな広告がありました。
 
幸せというのは、
その人の考え方ひとつです。
でもあなたは、
幸せになりましょうね。

 
何となく眺めているうち、「この『でも』は何だろう」と思い始めました。
「でも」は、前と後ろの関係が予想外である場合に使います。
誰でも幸せになれるとは限らない。でもあなたは幸せになれる。
このaの文の場合、前後の関係が予想外なので、「でも」がふさわしい。
誰でも幸せになれる。だからあなたは幸せになれる。
このbの文は、前後の関係が予想どおりなので、「だから」がふさわしい。
 
冒頭の広告文の場合、内容はbに近いはずです。
「幸せというのは、その人の考え方ひとつです。」とは、
「誰でも幸せになれる」ということだから。
それなのに「だから」ではなく「でも」が使われているのはなぜ?
 
この広告は、実は次のように言っているのでしょう。
”実際は不幸なのに、無理に「自分は幸せ」と考えて耐えている人もいます。
それでもいい。でもあなたは本当の意味で幸せになりましょうね。”
これなら意味が通ります。けっこう怖いことを言っているなあ、と嘆息したところで、降りる駅に着きました。

出典 Twitter

 

このツイートに対して、様々な議論が飛び交う。

 

 

 
文章をさらに付けたしてみれば意味が通る、という意見がありますが、まさにその通りでもあります。
もしかしたら、この広告文を読んだひとりひとりに、それぞれ詳細な意味は託しているのかもしれない。筆者はそう思いました。

 

たくさんの解釈がある中、ツイート主さんは言及。

 
みなさんは、この広告文、どう捉える事が出来ましたか??
 
また、広告は人を引き寄せるためのものですから、「ん?この『でも』の使い方おかしい」って感じた人は、広告主の思惑通り。ある意味で人を引き付ける効果があるのではないでしょうか。
それにしても、日本語って奥が深い・・・
何十年日本人で生きてきてても、難しいものですね。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post96994_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る