もうすぐ7月7日☆七夕のストーリーは?七夕の日に食べるごちそうって?

2015/7/2 | 1,206 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

1年の半分が終了し、梅雨ももうそろそろ明ける時期!
じめじめでどんより~な気分も晴れて、待っているのは太陽サンサンの夏ですね☀

と、その前に、7月の行事といえば、七夕☆
毎年7月7日の夜に、願い事を書いた色とりどりの短冊を笹の葉に吊るし、お祈りをする行事ですね!
みなさんも、子供の頃に、はたまたお子さんと一緒にたくさんの短冊を吊るしてお願いをしたのではないでしょうか??

今回は、そんな七夕にまつわる豆知識と便利なお話をご紹介します。
小さなお子さんをお待ちの方は、ぜひお子さんに話してあげてみてください。

 

七夕は、織姫と彦星が1年に1度だけ会える日

6fd83b59d64b750dfa75190b68774bd1_m

出典 photo AC

7月7日の七夕は、織姫と彦星のお話だというのはご存知かと思います。
空を支配する天の帝の娘である織姫は、織物を織るのがとても上手でした。機織りに夢中になりすぎて、自分磨きが疎かになってしまった織姫を心配して、帝は牛飼いの彦星とお見合いさせました。
すぐに打ち解けた2人は結婚して以来、仲が良すぎて2人とも全く仕事をしなくなってしまったため、帝が怒って織姫と彦星を天の川を挟んで別れさせたのだそうです。だけど、帝の好意により、1年に1日だけ会うことを許されたのですが、それが七夕の日になったのだそうです。

 

短冊は、字が上手になりますように、という意味

4216080b5bb4714d1224e352457544e1_m

出典 photo AC

笹に飾る飾りには主に7つあり、それぞれ意味があります。
また、飾りを飾る、笹にも意味があります。
その理由は定かでないそうなのですが、笹は昔から邪気を祓う役目があると考えられていました。
田んぼなどで稲の成長を遮る虫を避けるのに用いたことから、七夕に発展したという説もあるほどです。
また、大きく空に広がる笹は天に願いを届けてくれそうな気がしますし、笹の葉は「船」の形にもなることから、願いを星に運んでくれそうな気もします。そういった人々の願いからも笹を用いるようになったのではないでしょうか。

 

7つの七夕飾り

【紙衣】裁縫や手芸が上達するように。

 
【投網】魚を捕る網で豊漁や豊作がありますように。

 
【くずかご】清潔と節約の心がけを養いますように。

 
【短冊】学問や書道が上手になりますように。

 
【吹流し】機織が上手になりますように。

 
【巾着】節約と貯蓄の心を養い、商売繁盛できますように。

 
【折鶴】家の長者の年の数だけ折り、家族が長生きできますように。

 

七夕の日に食べるごちそうとは??

05cd6e82387d8e3bf17269f7caa3749d_m

出典 photo AC

 
そうめんを食べるのが習わしなのだとか!
昔、中国で偉い人の子どもが7月7日に亡くなってしまいました。すると、その子どもが鬼になり怖い病気を流行らせたのだそうです。なので、その子の好きだった「索餅(さくべい)」というお菓子を、命日である7月7日にお供えして、悪いことが起こらないよう願うようになったのが、きっかけだそうです。
この索餅というお菓子はそうめんに似たものだったから、やがて七夕の日にそうめんを食べるのが習慣になったのだとか。
また、そうめんが細い糸みたいで、織姫が織る織物の糸に見えるから、という説もあるみたいです。

 

いかがでしたか??

ただ毎年の行事と考えがちで、歴史や詳細というのを、全く知らないまま七夕を迎えていたなあと、筆者は感じております。
お子さんをお持ちの方は、こういった歴史を伝えていって、日本の良き伝統を繋げていって頂けると嬉しいです。

 

参考元cookpadニュース

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
gazou

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

253126

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る