HOME

中学の同級生が判事と被告人となって再会した動画が話題に

2015/7/9 | 3,950 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

突然の再開ってありますよね。「同級生がたまたま同じ職場だった!」とか、「街中でばったり」なんてこともあると思います。今そんな偶然の再開の動画が話題なっています。

 
再開の舞台となったのは、米フロリダ州の法廷でした。なんと被告人と判事という形での再開になってしまったのです。強盗・窃盗の罪に問われているアーサー・ブース被告と、ミンディー・グレンザー裁判官。この二人は、中学校の同級生でした。

 
ブース被告は、裁判官が同級生だということに、最初は気づいていません。判決の最後になって、グレンザー裁判官がこう言います。

 
ノーチラス中学出身ですよね?

 
post62796_1
それで初めて気づいたブース被告は、少しだけ笑みを浮かべ、「信じられない!」と何度も連呼しています。グレンザー裁判官は、続けてこう言います。

 
ここで会うとは残念です。今頃どうしているかと思っていました

 
post62796_2
この言葉を聞いたブース被告は、泣き崩れてしまいます。きっと当時のことを思い出し、自分がしたことに後悔したのではないでしょうか。

 
ブース被告は、中学時代、スポーツ万能で成績も優秀であり、学校中の人気者だったとのこと。そんな彼だったからこそ、グレンザー裁判官の一言で中学時代を思い出し、後悔し、泣き崩れてしまったのではないでしょうか。

 
動画はこちらからどうぞ。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る