HOME

こんなのに乗りたかった!?みんなが作る精霊馬が個性的すぎてご先祖様戸惑うw

2015/7/29 | 5,655 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

東京では7月13日を迎え日、17日を送り日。
その他多くの地域では、8月13日を迎え日、16日を送り日をするのが、お盆です。
 
なんとな~く『お盆=会社の夏休み』という認識くらいの方、いませんか!?

私も生まれた時からお盆は祖父母宅で過ごすのが習慣でしたが、自分でお盆の支度をしたことがなく、唯一、祖母の手伝いで精霊馬を作ったことくらいなものです。

 

【精霊馬(しょうりょうま)とは】
胡瓜や茄子に足を刺し、それぞれ馬と牛に見立てたもの。
お盆の間に精霊棚に飾られる。
先祖の霊を送り迎えする乗り物と言われている。

出典 weblio

 
ご先祖様を迎えに行くのは、胡瓜の馬。
それは『(ご先祖様が)なるべく早く現世に帰ってきてくれるように』
 
ご先祖様を送りに行くのは、茄子の牛。
それは『(ご先祖様が)なるべくゆっくり天界に帰るように』
 
という理由があるのだと、祖母に教えられたことを覚えています。
(牛だって走れば速いのにな・・・って、幼い私が思っていたことは今でも祖母には秘密ですw)
 
しかし、様々な技術が発達した現代。
牛や馬とはほぼ無縁な生活をしているのは私たちも、もしかしたら天界で生活をしているご先祖様たちだって、牛や馬よりも、車に乗って帰ってくるほうがしっくりくるのかもしれませんよ?

・・・ということで、『今の精霊馬はこうだ!!』という画像集めてみました。
 
 

▼ブチハイエナです。乗り心地不安です。

 
 
▼この世への帰省ラッシュとは無縁です。速い!!

 
 
▼『○○さんのお迎えスゴイわねー!』って天界でウワサされそう

 
 
▼走ってくるのか、飛んでくるのか分からないんですけど

 
 
▼どこに乗っていいのか分かりません

 
 
▼カマドウマ迎えにきたら、帰省拒否したい

 
 
▼お仕事前に栄養補給ね!!(共食いだっていわないで)
seireiba

 
 
▼先に乗ってる人がいるよ!!横はブレーメンの精霊隊??
seireiba2

 

いかがでしょうか??
『罰当たり!!』なんていわないでくださいね。
 
馬でも牛でも、車でもよく分からない乗り物だとしても、
『ご先祖様をお迎えしたい。お盆を共に過ごしたい』という現世に暮らす私たちの想いが、
精霊馬と共にご先祖様に届くといいなぁ・・・と思います☆

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る