HOME

両足を事故で失った保護犬を引き取った男性も、両足が不自由だった。

2015/8/4 | 3,107 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

両足に障害のある車椅子の男性が、同じく事故で両足に障害を持ってしまった犬を引き取り、楽しく前向きに暮らしています
 
彼らの様子を有名ティッシュメーカーの『クリネックス』がまとめてコマーシャルを制作し、そのCMが非常に感動的だと世界中で話題になっています。
 
 


前向きな彼らの姿勢をまとめた動画


マイクさんとチャンス、そしてステイシーさんで毎日を大いに楽しんでいる様子が、生きていることの素晴らしさを教えてくれます。
また、「誰かに必要とされる存在でありたい」というクリネックスからのメッセージも伝わってくる感動的な動画を、まずはご覧ください。
 

出典 YouTube

 
 


安楽死を待つだけの犬を引き取った男性は……


事故で後ろの両足に障害を持ってしまった1匹の犬、『チャンス』
チャンスという名は、『SAPA(San Antonio Pets Alive)』という動物保護団体の方に名付けられました。
 
 
事故後、幸いにして保護されたものの、やはり障害がある犬ということもあって、引き取り手がなかなか現れません。
 
69165_1
 
 
このまま安楽死を待つしかないのか……。
その時、1人の男性が犬を引き取りたいとやって来ます。彼の名は『マイク』さん。
彼はSAPAからチャンスの話を聞いて、ぜひ引き取りたいとやって来ました。
そしてなんと、マイクさんも『断性脊髄炎』という病気によって、両足に障害を持っていたのです。
 
69165
 
 

楽しく、前向きに生きていく1人と1匹


チャンスと暮らし始めたマイクさんと妻のステイシーさん。
彼らは遊ぶときはもちろん、買い物も、ちょっとした外出もいつも一緒に出かけます。
 
チャンスもマイクさんも、障害があるにも関わらずとてもアクティブ。実にさまざまなことにチャレンジしており、その前向きさに感動を覚えずにいられません。
障害があったって、たくさんのことを楽しめるんだ。
その様子を見て、ステイシーさんはこう語ります。
 
「マイクもチャンスも、ポジティブな性格がとてもよく似ているわ」
 
 

犬用の車椅子をつけて走り回るチャンス

後ろ足の両方が使えないので、普段のチャンスは前足だけで動きます。
さらに排泄もままならないため、随時おむつを着用。
 
けれど、とっても前向きで活動的なチャンスは、犬用の車椅子をつけてもらうと健常犬さながらのスピードで大はしゃぎです。
69165_7
 
 

マイクさんとチャンスでバスケット

2人ともすごい速さ!
本気で楽しんでいる様子が伝わってきます。
 
69165_4
 
 

カヌーで水の上も楽しみます

健常な犬でも、水の上を怖がることが多いのに、チャンスはまるでへっちゃらな様子。
むしろカヌーを楽しみにしているようです。
 
69165_6
 
 
毎日を前向きに生きている彼らに、とても勇気づけられる動画ですね。
 
動物保護施設では障害がある犬の引き取り手を増やすべく、積極的に活動しているそうです。
犬に限らず、障害を持っていたり年老いている動物は、やはり引き取り手がおらず殺処分となってしまうケースが非常に多いとのこと。
ぜひ私達はこうした点にも目を向けて、小さな命を大切にしてあげなければと思わされました。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る