時空旅行者?入国審査官が首を傾げる旅行者とは・・・

2015/8/7 | 11,505 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

1954年7月の蒸し暑い日。
日本で不可解なできごとが起こりました。
存在しない国のパスポートを持った白人男性が飛行機から降り、
羽田空港に現れたのです。
time2

出典 www.photo-ac.com

 
入国管理官が入国を拒否した時、
謎の旅行者は怒りをあらわにしました。
管理官は記録を注意深く調べたのですが、
その男性が持っていたパスポートを発行した「トレド」という名の国は
見つかりませんでした。
 
普通、偽造パスポートを使って入国しようとする人は、
存在する国のパスポートをできる限り本物に似せて再現しようとするはずです。
存在しない国のパスポートを使ったら捕まることは目に見えているので、
具の骨頂だと言えるでしょう。
 
その男は自分がよく知られた欧州の国からやってきたビジネスマンだと主張しました。
トレドという国は、約千年前に建国された、
長く豊かな歴史を持つ国だというのです。
 
彼はフランス語訛りの流暢な日本語を話しました。
トレドの公用語はフランス語とのことでした。
彼は日本語のほかにも数ヶ国語に通じていました。
 
身なりはきちんとしており、洗練され、
成功を収めた国際的なビジネスマンのような印象を与えました。
彼は国際的な企業に勤めており、
その会社は日本と焼く10年に渡り事業関係を樹立しているとのこと。
その年だけでも三度目の訪日だというのです。
 
time1

出典 www.photo-ac.com

 
実際、彼のパスポートには、日本の入管のスタンプが押してありました。
つまり、前回来日したとき、
そのスタンプが押されたということです。
 
彼は自分が働く会社の名前を入国管理官に伝えたのですが、
調べてみたらそのような会社は存在しませんでした。
彼はフランスの通貨を中心に、数カ国のヨーロッパの通貨を携帯していました。
 
財布は大きめで、手製の良質なものでした。
彼はまた国際免許証を携帯していました。
それはどう見ても偽者には見えなかったのですが、
にもかかわらずその免許証は無効でした。
なぜなら、未知の機関によって発行されていたからです。
 
小切手も携帯していましたが、
それを発行した国際銀行はどこにも存在しませんでした。
 
そんななか、入国管理官が名案を思いつきました。
世界地図を持ってきて、トレドがどこに位置しているかを地図上で指差すよう、
男に頼んだのです。
地図を見回した男は、トレドが地図に載っていないことに動揺したように見えました。
しかし、最終的には彼はイベリア半島のアンドラ公国を指差しました。
アンドラはスペインとフランスに挟まれたミニ国家で、公用語はカタルーニャ語ですが、
そのほかにスペイン語、フランス語、ポルトガル語などが使われています。
アンドラは988年に建国されたので、
約千年の歴史があります。
 
男はアンドラという国を聞いたことがないと主張しました。
謎の旅行者は憤慨し、政府の高官と話をさせろと要求しました。
彼は自分がとんでもない悪ふざけを仕掛けられたのだと確信していました。
彼は予約をいれてある東京のホテルに行く許可を与えろと要求しました。
実際に、彼は予約証明書を持っていました。
ところが、調べてみたら、そのホテルは日本に存在しませんでした。
 
政府関係者は、空港の狭い警備室で8時間も拘束されている彼に同情し、
彼をホテルに泊まらせることにしました。
部屋の外にガードマンを配するというのが条件でした。
男はその処置に不満を訴えましたが、彼に与えられたもう一つの選択肢は留置所で一晩を過ごすことだったので、
その申し出を受けるしかありませんでした。
 
男は二人の入国管理官に付き添われてホテルに向かい、
そこのレストランで食事をとることを許可されました。
ガードマンが部屋の外に立ち、夜通し見張ることになりました。
 
翌朝、入国管理官が部屋にやってきてドアをノックしたら、返事がありません。
そこで管理官はホテルの合鍵をもらい、部屋に入りました。
そこはもぬけの殻でした。
彼の荷物も見当たりませんでした。
唯一の出口である扉はガードマンが夜通し見張っていたし、
部屋はにぎやかな通りの数階上に位置しており、
窓の外に足をかけられるような出っ張りはなかったので、
男がその部屋から出て行くことは不可能でした。
 
政府関係者は大がかりな捜査をおこないましたが、
謎の旅行者は一向に見つからず、ついに捜査は打ち切られました。
彼は二度と見つかりませんでした。
 
アメリカ・ワシントン市に在住の弁護士で、子供のころウロジェクト・ペガサス(米政府の極秘タイムトラベル実験)
に参加したというアンドリュー・バシャーゴさんは、
謎の旅行者が、何らかの形で、
旅行中に別の時間軸(平行宇宙)に踏み込んでしまったのではないか
と推測しています。
そして、ホテルの部屋にいる時、
元の時間軸に戻ったか、
もしくは別の時間軸に入ったのではないかと、
バシャーゴさんは推測しています。

出典 youtube

 
 
・・・不思議です。
 
都市伝説的な雰囲気を感じる話ではありますが、トレドは存在します。
実際には、トレド公国ではなく、スペインの古都トレドとして世界中の旅行者から愛されています。
そして、このトレドは『ルパン三世 カリオストロの城』に登場するカリオストロ公国のモデルになっているのだとか。
・・・名前、混ざっちゃった感も否めませんw
 
 
とはいえ、もしもこの話が本当であるならば、謎の旅行者は突然現れて、突然消えてしまったということになります。
タイムトラベラーというより、スペースタイム(時空)トラベラーという感じでしょうか?
 
これからも世界のSF(すこし不思議)なお話をお届けできたらと思います☆

 
 

出典 YouTube

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

238177_ic2

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る