HOME

『もう死なせない!!』祭りで金魚をすくってきたら覚えておきたい4つのポイント

2016/8/28 | 38,365 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

祭りに行くとついついやってしまう金魚すくい。

持ち帰ったはいいけど飼い方も知らず、慌てて水槽とエサを用意してちゃんと育ててるはずなのに死んでしまったという経験、誰もがあるのではないでしょうか・・・Σ(・ω・`)

 

そんな悲しい体験から抜け出せる4つのポイントがTwitterで話題となっていました。

 
 

話題となっているツイートがこちら

 

70368-1

 
 
元気に泳いでいるからといって何も気にせず飼うと極端に弱ってしまうみたいですね(;_;)

 

金魚を育てるための4つのポイント

 

1.ストレスがたまったお魚を休ませるヨ。
バケツに水を用意。必ずカルキを抜きます。
1Lに5g、0.5%の食塩水を作るヨ。

 

2.水温を合わせるヨ。
金魚すくいの舟の水と水道水とでは水温がちがうので合わせてあげます。
袋のままバケツの水に浮かべて約30分

 

3.水質を合わせるヨ。
全くちがうお水にとびこむとお魚がびっくりするので徐々に慣らそう。
袋の口をあけてバケツの水にうかべておくと、お魚が自分からバケツへ出て行くヨ。
バケツのお水を少しずつ袋の中へ。

 

4.1週間くらいココで休ませよう。
ゴハンはあげない・静かにする・ぶくぶくは弱く!

 

 

毎日ポイに追われる生活でケガをしたり、体力を消耗したり、そういった原因で死んでしまう事があるみたいです。

疲れきっている金魚を快適な場所で休ませてあげる事が1番の長生きに繋がるようです(*^^)

金魚を飼う際は、この4つのポイントを思い出して金魚を長生きさせてあげてくださいね♪

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る