HOME

【いつか役に立つ】緊急事態を乗り切るための究極ライフハック

2015/8/24 | 2,205 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

もしも、突然絶体絶命な状況に遭遇したら・・・?
普段あまり考えないようなトラブルに巻き込まれたときに、役に立つかもしれない危機回避・対策法についてまとめてみました!!
 
 

壊れた車からの脱出方法!

kutusita

出典 photo AC

フロントガラスは強化ガラスという特殊なガラスで、割るのは非常に難しい。
そこで、サイドガラスから脱出します。
素手では絶対に破壊できないので、小銭を伸縮性のある布(ストッキングや靴下)に入れ、
ガラスを叩き割ります。
ガラスが割れたら、穴を広げ背中から脱出しましょう。

出典 YouTube

 
 

切れた乾電池を復活させる方法!

kandenchi

出典 YouTube

乾電池を身体でこすって摩擦熱を加えてやると再利用することができる。

出典 YouTube

 
 

津波から身を守る方法!

tsunami

出典 Instagram

避難する場所はなるべく海岸線から直角方向の高台が良いそう。
少なくとも3階以上の高さのビルに避難するのがベストです。
最も危険な場所は河口付近なので近づかないようにしよう。

出典 YouTube

 
 

痴漢や強盗に襲われた場合の対処法!

chikan

出典 photo AC

迷わず「火事だ!」と叫ぶこと!!
「助けて~」だと怖がってみんな出てきてくれないけれど、火事だと他人事じゃないので、
窓を開けて覗き込む人や近所の野次馬までが、急いで飛び出してくるはず!

出典 YouTube

 
 

水中に落ちた車から脱出する方法!

suichu

出典 photo AC

車内に水が流れ込んで車内外の水圧差がなくなるまで待ち、一気にドアを開けて脱出します。

出典 YouTube

 
 

地震が起きた時、家の中で比較的安全な場所は!?

ofuro

出典 photo AC

それはお風呂場!
湯船の中に入れば、柱などが倒れてきても大丈夫だし、頭上に荷物を置いていることもない!
水を確保できる可能性があり、万が一閉じ込められても排泄も可能。

出典 YouTube

 
 

身近な文房具で暗闇を乗り切る方法!

yuseipen

出典 PAKUTASO

油性ペンの先に火をつけると懐中電灯の代わりになるそうです!
これからは水性ペンじゃなく、油性を買うようにしよう…

出典 YouTube

 
 

泥棒に入られてしまった時の撃退方法!

gotou

出典 photo AC

1、確実に逃げる(逃げるタイミングは出会い頭)逃げ切ったら、警察にすぐ連絡
2、逃げられない場合、相手の話を聞き、落ち着かせる。
相手をひるませて逃げる時間を作るための道具(スタンガンなど)を用意しておくと安心かも…

出典 YouTube

 
 

ライターやマッチを使わずに火をおこす方法!

kaichu

出典 photo AC

懐中電灯の中の反射板に太陽熱を集めると、火を付けることが可能。
知っているのと知らないのでは雲泥の差だぞ!

出典 YouTube

 
 

銃撃戦の中から生還する方法!

utubuse

出典 YouTube

近くに身を潜めるようなものがない場合、弾が飛んでくる方向に向けて、
地面にうつ伏せになる!
わずかでも心臓を守ることができます…

出典 YouTube

 
 

山で遭難してしまったときの対処法!

sounan

出典 PAKUTASO

1、来た道を引き返す。戻れないときは、尾根に上って救助を待つようにする
2、沢には絶対におりない(鉄砲水に襲われたり、転落や滑落の可能性がある)
3、無理に下山せず、夜露をしのぐ場所を見つけて救助を待つ

出典 YouTube

 
 

溺れた時、簡易浮き輪を作る方法!

zubon

出典 photo-ac

1、立ち泳ぎをしながらズボンを脱ぎ、両足の裾をそれぞれ結んで袋にする
2、上空に持ち上げ、穴を下にして振り下ろし、両足の部分に空気を入れる
3、空気が抜けてきたらまた立ち泳ぎをして空気を入れる両足の間に身体を入れ、浮かせることができます!!

出典 YouTube

 
 

コンタクトレンズを確実に拾う方法!

souziki

出典 photo-ac

掃除機のすいこみ口にストッキングをつけ、地面から少しはなして吸引する!
↑準備の際に壊さないように気をつけよう

出典 YouTube

 
 
いかがでしょうか?

なるべく危険な状況には遭遇したくないのが本音ですが、知っておくと思わぬときに役に立つかもしれませんね☆

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る