【知ってほしい!】イタリアで毎年広島・長崎の原爆忌式典が行われていた!

2015/8/13 | 5,603 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket


忘れてはならない広島・長崎への原爆投下


第二次世界大戦中、1945年(昭和20年)8月6日に広島に、8月9日には長崎に原子力爆弾が投下され、40万人以上の人が亡くなりました。
 
 
「戦争を、核を繰り返してはならない」と、毎年日本でも原爆投下日前後には各地で式典が行われていますが、なんと遠く離れたイタリアでも同時期に原爆式典が行われているということをご存知でしたでしょうか?
 
72000_1
 
 

実はほとんどの日本人が知らない!

イタリアの原爆式典は、毎年原爆投下日前後にローマで行われているのですが、その事実を知っている日本人はほとんどいないのだそうです。
確かに筆者も今まで知りませんでした……。
 
 
それこそこの時期は夏休みシーズンなので、イタリアに観光で訪れている日本人は多いはず。
 
けれど日本人の参加者がほとんどいないので、主催しているイタリア人の方々は、結構寂しい思いをしているのだとか。
 

出典 Twitter

 
 

イタリアの式典を知った人々の反応

出典 Twitter

 

出典 Twitter

 
 


原爆忌式典の様子をご覧になれます


 

出典 YouTube

 
 
戦争経験者がどんどん少なくなっていることもあって、実際に原爆を透過された日本でも原爆や戦争についての意識が低くなってきているといわれています。
 
もしくは終戦記念日は覚えていても、原爆投下日については忘れてしまう人という人も少なくない様子。
 
そんな中で、遥か遠くイタリアで毎年広島と長崎の原爆投下について深い意識をもち、毎年式典を開催してくれるというのはとてもありがたいこと。
 
この時期イタリアに観光に出かけている方は、ぜひ原爆忌式典に参加していただきたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
182954_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

255955

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る