北海道ジャガイモの害虫発生。被害が広がる理由の1つを挙げたツイートに考えさせられる

2015/8/21 | 24,933 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

先日、北海道のじゃがいも畑で、生産に大きな被害をもたらすとされる害虫「ジャガイモシロシストセンチュウ」が確認されたとニュースで報じられていましたね。国内では初めての確認とのことで、北海道のじゃがいも生産が心配されますが、そんな中被害拡大防止のためにあるツイートが話題になっています。

 

北海道で農業法人を立ち上げられている@niconoukaさんがTwitterに投稿したツイートです。

 

 

 

たったこれだけのことで多大な被害が発生する害虫が感染してしまうのです。8月19日現在の時点では被害状況の確認が終わっていない模様でしたが、これだけのことで感染が広がってしまうと考えると被害が拡大する可能性も考えられます。

 

確かに観光していると、ついついキレイな景色に見とれて、入ってはいけない土地に入っていたということもあるかもしれません。しかし、それが甚大な被害を発生させる原因になる可能性もあるので、常に念頭に置いて気を付けたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
182954_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る