これが世界陸上の厳しさだ!わずか0.01秒差を物語る写真が話題に!

2015/8/25 | 4,912 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

8月22日(土)より開催され、大盛り上がりの世界陸上2015。
大会2日目、大注目のウサイン・ボルト選手が登場した「陸上世界選手権・男子100メートル」決勝が行われました。

 

9″79というタイムを出し、優勝したのはボルト選手!!
次いで2位は、9″80というタイムを出したジャスティン・ガトリン選手!
なんとふたりの差はわずか0.01秒という結果に。

 

そのわずか0.01秒を競った試合を、上から撮影した写真がいま、Twitterで話題を呼んでいます!

 

その話題のツイートがこちら!

 

5レーンの黄色のユニフォームがウサイン・ボルト選手、
7レーンの赤いユニフォームがジャスティン・ガトリン選手。

 

この試合に対するコメントもたくさんツイートされています。

 

 

 

 

なかにはこんな声も(笑)

 

 

0.01秒という、写真をよく見てみないとわからないほどの違いでも、“優勝”と“2位”という明確な結果が出るのが、スポーツの世界の厳しさ。でもそこが、おもしろさや魅力に繋がっているのかもしれないですね。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post169948_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

255955

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る